* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  マコモタケを食す

マコモタケを食す

mini_111027_16500001.jpg

奈良でも栽培を始めたと、2,3日前にNHKの地方ニュースで見たばかりのマコモタケ。
売っているのを発見したのでさっそく。(6本で¥258)

なんでもマコモ(イネ科)という植物の黒穂菌(英語)(くろぼきん)の一種 Ustilago esculenta に寄生されて肥大した新芽をマコモダケ(真菰筍、茭白。マコモタケとも)と呼ぶらしく、古くは万葉集に登場するんですって!(@Wiki
万葉集に登場するのに、奈良では消えていたのね。

で、調理。
葉っぱを剥いて、白い部分だけにします。
斜めにスライスして、軽く茹でて、胡麻味噌ネーズであえたものと、そのままバターでホイル焼きにしたもの。

mini_111027_1749.jpgmini_111027_18300001.jpg

タケノコの柔らかいところというか、ヤングコーンというか、タケノコとアスパラガスの間くらいの食感。
ちょっと甘い、くせのない味。
タケノコとかキノコとかアスパラガスを使うようなレシピに同じように使えると思います。
よく食べるって方いらっしゃいます?
いろいろ教えてくださいね。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する