* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  東日本大震災~原発 >  学者と社会的責任 原子力学会が異例の声明

学者と社会的責任 原子力学会が異例の声明

学者と社会的責任 原子力学会が異例の声明東京新聞 2011年8月19日

 原子力ムラの一角にある社団法人「日本原子力学会」(東京)が先月七日、福島原発事故の「事故調査・検証委員会」(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)に対し、個人の責任を不問にするよう求める異例の声明を出した。これに対し、検証委のメンバーで、ノンフィクション作家の柳田邦男氏が強く反発、論議を呼んでいる。同学会の声明はその意図とは逆に、またひとつムラへの不信を増やしたようだ。 (鈴木泰彦、秦淳哉)


びっくり!

何を言っても責任を問われないとでも思っていたわけ?
で、今さら責任を問わないでくれって公に言う?
学者の矜持ってそんなものなの?

「事故調査・検証委員会」(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)はしっかり検証してください。
学者だけでなく、報道機関のもねっ!!


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する