* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  歌舞伎 >  吉例顔見世興行 昼の部 @京都南座

吉例顔見世興行 昼の部 @京都南座

忙中閑あり。あの(笑)吉例顔見世興行昼の部@京都南座に行ってきました。

HI392123.jpgHI392122.jpg


第一 羽衣(はごろも)
              天女       孝太郎
              伯竜       愛之助
従兄弟の息のあった踊り。
愛之助さんの踊り、よくなりましたね。
今回の騒動で、知名度も上がり、自信もついたのかな。

第二 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
   寺子屋
             松王丸       吉右衛門
              千代       魁 春
              戸浪       芝 雀
          涎くり与太郎       種太郎
            園生の前       扇 雀
            春藤玄蕃       段四郎
            武部源蔵       梅 玉
寺入りなしで寺子屋を見るのは初めてで、ちょっと戸惑い。
吉右衛門さんの熱演にもかかわらず、今一つ乗れず…。


第三 阿国歌舞伎夢華(おくにかぶきゆめのはなやぎ)
           出雲の阿国       玉三郎
            女歌舞伎       笑 也
            女歌舞伎       笑三郎
            女歌舞伎       春 猿
            女歌舞伎       吉 弥
             男伊達       愛之助
             男伊達       翫 雀
           名古屋山三       仁左衛門
玉三郎さんを初めてきれいだと思いましたヾ(・・ )ォィォィ
久しぶりの澤瀉屋ご一門。春猿さん、いつもの華がないんですけど、お疲れ?
名古屋山三を代役の仁左衛門さん。孝玉でいいコンビであるはずなんですけど、これは見てくれの華で持つお役。海老蔵さんの方がよかったでしょうね。

   十三世片岡仁左衛門を偲んで
第四 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)
   沼津
          呉服屋十兵衛       仁左衛門
           平作娘お米       秀太郎
            池添孫八       進之介
           荷持安兵衛       歌 昇
            雲助平作       我 當

松嶋屋の三兄弟で沼津を演られるのは初めてと聞いて、意外な感じを持つのは私だけではないはず。別々に演られているのを何度も観ているからなんでしょうね。流石の仕上がりです。
沼津は客席を歩かれる演目。ちゃんとそちら側の通路沿いの席を取りましたvv
歌昇さん、吉右衛門さんおひとりになられた播磨屋に移られて初、"播磨屋っ!"と声がかかっていたのはうれしかった。

minamiza1012b.jpg

世評の高い、夜の部の愛之助さんの「外郎売」も観たかったのですが、時間がなく…。
代役をバネにして大きくなれるのも愛之助さんの徳。
そこらへんを成田屋は(親子ともども)わかってるんでしょうかね。
舞台上での華において海老蔵さんに勝る人はいないのは事実。
ただ現代において、社会性のない破天荒な生き方は許されるものではないのも事実。
もう6月復帰がささやかれていますけど、(舞台上の)彼を観たいがために(人間として)甘やかすことは後々のためにならないって観客の方も自覚したほうがいいと思っています。


 
*---------------*


来年のお正月は我が家に11人。
日本の食器は(祝い箸なども)5つセットが標準で、11というのが…(・・;)
普段なら不揃いも味なんですけど、お正月は揃えたい…。
で、まあ、あちこち回って気に入るのを探して、買って、持って帰って、洗って、仕舞って…

並行して、結婚式の相談にも乗らないといけないし
留袖をレンタルするのにレンタルブティックのはしごをしたり(もう買わずに借りることにしました)
昔々の立て爪の婚約指輪を今風にリフォームしたり(サイズも!)

大片づけも9割くらいすんだところで遊んでしまったので、残りの1割片づけないといけないし

師走らしいバタバタした毎日です(・・;)
今年は楽勝のはずだったのにな

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する