* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  クリスマスのまえのばん

クリスマスのまえのばん

ターシャ・テューダーのクリスマス」に、「クリスマスのまえのばん」の挿絵を描き換えたとあったのが気になって、両方図書館で借りてみました。

こちらが日本で1980年に出版された クリスマスのまえのばん―サンタクロースがやってきた です。
見開き2ページずつ、カラーのページとモノクロのページが繰り返されます。
ほのぼのやさしい感じ。
↓ に比べればずいぶんシンプルな絵なので、小さい子にはこっちの方がいいと思います。

こちらが2000年に改訂版として出された ターシャ・テューダー クリスマスのまえのばん です。
この20年間にタ―シャの知名度が上がったのでしょう、冠に名前が出ています。
表紙の絵を見比べるだけでもおわかりの通り、夜空を背景に描かれていて暗い印象、全ページカラーです。
タ―シャはこちらがベストだと言っていたそうです。
少し大人っぽい感じですね。
画面にしっかり描き込まれています。タ―シャの絵は見れば見るほど新発見があって、実に奥が深い…。

『クリスマスのまえのばん、子どもたちが待ちくたびれて眠ってしまった家に、そりに乗って空からやってきた陽気なこびとのおじいさん。サンタクロースを迎えるのは、まずその家のイヌとネコです。ワシもフクロウも、ウサギからネズミまで、サンタを歓迎します。初版の絵をターシャ・テューダーが全面的に描き直した新版です。小学上級から。』

原詩の「The Night Before Christmas」は1822年に神学教授のクレメント・クラーク ムアによって書かれ、サンタクロースのイメージの原型になって、アメリカの子どもたちなら知らぬ者のない有名な詩だそうです。
絵本もいろいろ出ています。

ひとつ気づいたこと

私、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(The Nightmare Before Christmas)も好きなんですけど、この題名って「The Night Before Christmas」のオマージュというか(パクリというか??)だったんですねぇ。
アメリカ人なら常識のこと…勉強になりました。



関連記事
ふっくらさんへ * by UN
あわてんぼうのサンタクロースさんですねぇe-330

気に入っていただけたら幸いですe-266
片付けお手伝いありがとう!!

クリスマスまで・・・あと・・幾夜? * by ふっくら☆人
v-255・・という昨夜、早々とサンタがお出ましになりました。
私の好みを御存じで「片付けの証」をお届けに・・。

ゆっくり 改めて・・・。


コメント






管理者にだけ表示を許可する

ふっくらさんへ

あわてんぼうのサンタクロースさんですねぇe-330

気に入っていただけたら幸いですe-266
片付けお手伝いありがとう!!
2010-11-05 * UN [ 編集 ]

クリスマスまで・・・あと・・幾夜?

v-255・・という昨夜、早々とサンタがお出ましになりました。
私の好みを御存じで「片付けの証」をお届けに・・。

ゆっくり 改めて・・・。

2010-11-05 * ふっくら☆人 [ 編集 ]