* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信 2010年 12月号

パッチワーク通信 2010年 12月号

06_R.jpg22日に出ていたパッチワーク通信 2010年 12月号ですが、バタバタ忙しく、やっとゲット!

表紙の赤いクリスマスが目を引きますけど、中はいろいろなムードのクリスマス

様々なメーカーとのタイアップページが多くなりましたね。
中でもたたみのへりのバッグには、こんなにおしゃれにできるんだなぁって注目。
作る予定はありませんが…。


クリスマスシーズンがやってきます。今年の提案はテーマのあるクリスマス。お部屋のコーナーを気軽にクリスマスムードに盛り上げる、小さな品を中心にご紹介します。
第二特集の「ラブリーなログキャビンに大注目」では、動物や果物が浮き上がる新しい感覚の手法を公開します。シリーズ企画「旅」の今回の目的地はニューヨーク。今号も生きのよい情報満載です。他、秋冬のためのたたみへりバッグ、静かに流行中のコラージュボックス、うさぎ年のための小品など、増頁でお届けします。2010キルトカレンダーの付録付きです。

[主な内容]
巻頭大特集「クリスマスのお部屋へようこそ」
第二特集「ラブリーなログキャビンに大注目」
第三特集「旅:ニューヨーク」
「キルターのお宅におじゃましました…服部まゆみさん」
「小関鈴子さんとお仲間のコラージュボックス」
人気3大連載
1:「松山敦子のマンスリーキルト」
2:「斉藤謠子 季節のトープカラー」
3:「遠藤亜希子のミステリーキルト」


PQt158号、その他の記事
●うさぎ年のための小品
●秋冬のたたみへりバッグ  など



いつも12月号はカレンダーがついて特別価格¥1200なんですけど
カレンダーをサービスするのではなく、別料金をプラスするのなら、カレンダーは要らないかも。とりわけ今年のは…。
前年度1年分の中からカレンダーに入ることがステータスな12作品なら見てみたい、置いておきたいと思うのでしょうが…。


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する