* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖

マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖

マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖

豊富な図案に創作のアイデアが膨らむ。アルファベットの刺繍図案を一挙にご紹介する、マークブックシリーズ。第二巻では、クロスステッチだけでなく、さらにいろいろなステッチの技法に応用できる書体が満載です。デザインがよりいっそう豊富になり、刺繍以外の様々な場面で応用の利く一冊です。

久しぶりに刺繍の本です。
1↓とどっちにしようかと迷ったけれど、こっちの方が応用ききそう?
表紙の色も涼しそうだし(笑)←この季節、けっこうポイント高し
と~~っても、かわいい!すてき!なアルファベットです!!
まあ、すぐにどうのこうのということはないのだけれど…そのうちにね(^_-)-☆
見ているだけでうれしい

スウェーデンの刺繍と言えば、小学校の低学年の頃、グレーのスウェーデン刺繍の布で母が作ってくれたシンプルなプリンセスラインのワンピースを思い出します。
スウェーデン刺繍なんて、今ご存じの方も少ないかもしれませんね。
特別に織られた布に刺繍糸をくぐらせる(だけ)の刺繍で、K-Style湘南のページによると、1950年代に全世界で流行した手芸だそうです。
いくら子ども用とは言え長袖のワンピースを作ったんですからずいぶんな布量ですねぇ。
流行が廃れて、安く売っていたのかもしれませんね。
母もスウェーデン刺繍はすぐに止めてクロスステッチに換わってましたし。
そのグレーのワンピースに私は白いタイツを合わせたかったのに、黒いタイツしかないときがあって、ずいぶん不満な気持ちのまま登校した記憶が妙に鮮明です(・・;)

K-Style湘南 スウェーデン刺繍のキットなどいろいろありますよ♪
 まだアメリカとかではけっこうやられる方あるんだそうです。
 スウェーデン刺繍の布も日本製あり!


マークブック スウェーデンのアルファベット刺繍手帖

1950年代、手芸王国スウェーデンで手作業によりデザインされた刺繍図案を集めた本は「マークブック」と呼ばれました。シンプルな文字が装飾的なモノグラムまで発展していく経緯と、レタリングの簡潔な歴史にも触れた内容。それぞれの図案は、クロスステッチ、バックステッチ、サテンステッチといった多種多様なステッチに対応しており、ステッチの技法やアルファベットを刺繍するときのワンポイントアドバイスも充実しています。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する