* AtelierUNな毎日 *

 >  その他 >  語学力のこと

語学力のこと

昨日、"英語バカ"について長々書いたのだけど(読んで下さった皆さん、ありがとう)
補足 ヾ(・・ )ォィォィ

日本で英語が使えなくて困った経験は1回だけって書いたのだけど

海外では、もちろん日常茶飯事(・・;)

でもほんとうに困ったのは次の2回

韓国在住のドイツ人に「どうして日本人は韓国語が使えないのか? 隣の国なのに」と言われた時@バンコク
その人の息子とうちの子が同じくらいの年で、同じ戦隊もののフィギュア(当時そんな言葉はなかったけど)をお互いいっぱい持ってて、言葉は通じないまま走り回っていたんだけど、その子はドイツ語と韓国語しかわからず、うちの子は日本語しかわからず…彼のお母さんと私の2重に通訳しないといけなかった。
もう20年くらい前で、当時は今のように韓国に親近感を持っている時代でもなく、「アンニョンハセヨ」も知らなかった。(NHKのハングル講座ですら1984年から)
そういえば、なぜ彼は韓国で日本の最新の戦隊もののTVを見ていて、フィギュアも手に入れていたのだろう。韓国で公式にそんな放送があったとは思えないのだけど。

フランス在住の台湾人に「私の祖母は日本語が上手だ」と言われた時@バリ
これは若い人にはわかりにくいかもしれないけれど、日本が占領していたときに教え込んだということで、彼女がそこまで考えてのことなのか、ただ日本人が相手なので言っただけなのか、意図までは測りかねて…

この2つは英語云々以前の問題として、日本語ですらどう答えていいのか、いまだにわからない。
戦争責任について言及するべきなのか、否か。
公式見解としてはどう答えることになっているのか、私個人はどう答えたらいいのか。

例えば、(私自身は聞かれたことはないけど)歌舞伎について、能について、茶道について、禅について、宗教について…聞かれた場合にどう答えるのか…

英語云々の前に、日本人としてのアイデンティティを確立する方が大事だと思う所以なのである。
(小学校から英語を教えるのは間違っている)

ただ、そのドイツ人には「あなたはフランス語が話せるのか、デンマーク語が話せるのか」と切り返す手はあったけどね。それは別の問題。



関連記事
Lupinesさんへ * by UN
え~~~~~~っ??e-451
行かれなかったんですか~?
行ってらっしゃるんだろうなぁ、そろそろお帰りかな…とお土産話を楽しみにしていたんですけど…(・・;)
いえ、お勉強も大事ですけど…e-330
何かをちゃんと学びたいという気持ちがいいですね。
大学では何を専攻されているんですか?
単位取得もがんばってくださいな。
学割も有意義に使いましょう!!

ボストン美術館展、私も楽しみにしているんですけど、また混むでしょうねぇ。
そこが問題......e-263

ちぃさんへ * by UN
そうですか…ちぃさんちの息子さんでもう小学生の英語が始まっていたのですね。
唐突に始まりましたものね。
小学生にどうやって英語を教えるかなんてノウハウも人材もなんにもありませんでしたねぇ。
もし英語教育を変えなければならないなら、中高の英語教育の見直しから始めるべきだったんですよね。
でもそれには大学入試が変わらなければならない…。
ゆとり教育といい、あの時期おかしかったんですよねぇ。
振り回された子どもたちが被害者.....(>_<)


* by Lupines
こんにちは! 
私も日本の英語教育熱に、ちょっと疑問を持っています。なんで英語って特別扱いなのでしょう?
(私なりの考えがありますが、今日は他にお話ししたい事があるので、とばします)
以前TVで、まだ小さい我が子を「私のように、英語で苦労させたくない」と、英語教室に入れている親が紹介されていました。全ての科目に苦労した私としては、英語以外で苦労しなかったであろうその人が、すごーく羨ましかったです。(イヤミ?)

全ての科目に苦労し、高校では、最後の最後までひかかっていたのは家庭科でした。
そんな私が、4月から通信大学で勉強してます。
行く気になって、申し込みをしていたキルトツアーは、キャンセルしました。帰国して1週間も無く、単位習得試験は無理だと判断したからです。
通信でも正規生なので、美術館や博物館には学割で入れます! うふふ・・・
京都であるボストン美術館展、とっても楽しみ。

* by ちぃ
小学校からの英語教育は、私も疑問を感じる部分があります。
ちょうど、上の子が小4~5年の頃から導入され始めたのですが、
ちゃんとしたカリキュラムもないまま、行き当たりバッタリの授業は、
結局、外で英語を習っている子供しかついていけず、
何が息子に残ったかといえば、
英語への極端な苦手意識だけ、でした。
(それを、高1くらいまで引き摺りました…。)
分かる人だけで進んでいく1時間は、相当苦痛だったみたいです。

どうしても必要なら、
ちゃんとしたカリキュラムを研究してからにした方が…と思うのですけどね。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

Lupinesさんへ

え~~~~~~っ??e-451
行かれなかったんですか~?
行ってらっしゃるんだろうなぁ、そろそろお帰りかな…とお土産話を楽しみにしていたんですけど…(・・;)
いえ、お勉強も大事ですけど…e-330
何かをちゃんと学びたいという気持ちがいいですね。
大学では何を専攻されているんですか?
単位取得もがんばってくださいな。
学割も有意義に使いましょう!!

ボストン美術館展、私も楽しみにしているんですけど、また混むでしょうねぇ。
そこが問題......e-263
2010-06-23 * UN [ 編集 ]

ちぃさんへ

そうですか…ちぃさんちの息子さんでもう小学生の英語が始まっていたのですね。
唐突に始まりましたものね。
小学生にどうやって英語を教えるかなんてノウハウも人材もなんにもありませんでしたねぇ。
もし英語教育を変えなければならないなら、中高の英語教育の見直しから始めるべきだったんですよね。
でもそれには大学入試が変わらなければならない…。
ゆとり教育といい、あの時期おかしかったんですよねぇ。
振り回された子どもたちが被害者.....(>_<)

2010-06-23 * UN [ 編集 ]

こんにちは! 
私も日本の英語教育熱に、ちょっと疑問を持っています。なんで英語って特別扱いなのでしょう?
(私なりの考えがありますが、今日は他にお話ししたい事があるので、とばします)
以前TVで、まだ小さい我が子を「私のように、英語で苦労させたくない」と、英語教室に入れている親が紹介されていました。全ての科目に苦労した私としては、英語以外で苦労しなかったであろうその人が、すごーく羨ましかったです。(イヤミ?)

全ての科目に苦労し、高校では、最後の最後までひかかっていたのは家庭科でした。
そんな私が、4月から通信大学で勉強してます。
行く気になって、申し込みをしていたキルトツアーは、キャンセルしました。帰国して1週間も無く、単位習得試験は無理だと判断したからです。
通信でも正規生なので、美術館や博物館には学割で入れます! うふふ・・・
京都であるボストン美術館展、とっても楽しみ。
2010-06-23 * Lupines [ 編集 ]

小学校からの英語教育は、私も疑問を感じる部分があります。
ちょうど、上の子が小4~5年の頃から導入され始めたのですが、
ちゃんとしたカリキュラムもないまま、行き当たりバッタリの授業は、
結局、外で英語を習っている子供しかついていけず、
何が息子に残ったかといえば、
英語への極端な苦手意識だけ、でした。
(それを、高1くらいまで引き摺りました…。)
分かる人だけで進んでいく1時間は、相当苦痛だったみたいです。

どうしても必要なら、
ちゃんとしたカリキュラムを研究してからにした方が…と思うのですけどね。
2010-06-23 * ちぃ [ 編集 ]