* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  再婚禁止短縮見送りへ=自民に異論根強く

再婚禁止短縮見送りへ=自民に異論根強く

再婚禁止短縮見送りへ=自民に異論根強く→記事

女性の再婚禁止期間を現行の「6カ月」から「100日」に短縮する民法改正のための特例法案が、今国会への提出を見送る方針を確認したんだそう。

え~~っ??!!

党内保守派のご意見らしいんですけど

これって女性をみんな敵に回したと思う。

100日でも多い、なんで男性と同じ0日にできないのかと思っていたのに、どういう根拠があってのこと???
離婚したことも再婚したことも(今の所)離婚する予定も再婚する予定もないし、ジェンダー論者のご意見には大概疑問を感じているけれど、こんな男女差別が平気で残っていることには大きな憤りを感じる。

離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」と推定する民法772条の規定に泣いている家族がどんなに多いか。
離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」と推定されてよかったって思う事例があるというのだろうか?どういう状態を想定しているのだろう?
今はDNA鑑定がある。髪の毛1本でも鑑定できる。一方で泣く人がいる以上、もし前夫の子であると認定して欲しかったら鑑定を依頼すればいいのでは?
元々誰の子かということが問題になったときに「推定」する必要性も必然性もないわけなのだから。
そもそも離婚したときに前夫の子を妊娠していたとすればそれは強姦によるのではないかしら。夫婦間でも強姦は犯罪ですよ。

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する