* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  悪魔のピクニック―世界中の「禁断の果実」を食べ歩く

悪魔のピクニック―世界中の「禁断の果実」を食べ歩く

これも朝日新聞の読書欄から

悪魔のピクニック―世界中の「禁断の果実」を食べ歩く
悪魔のピクニック―世界中の「禁断の果実」を食べ歩く
タラス グレスコー, Taras Grescoe, 仁木 めぐみ
『食べるなと言われると、食べたくなる。コカ茶、葉巻、密造酒、チョコレート、ポピーシード、生乳チーズ…。「禁断の果実」の生産者や愛好家のもとを訪れ、誰がどうして禁止したのか、そのことはわれわれに何をもたらしたのかを探り、変わることのない人間の欲望の本質と社会・政治とのかかわりを垣間見るトラベルエッセイ。』

ただの悪食なのではない。
なぜ禁止されているのか、社会・政治とのかかわりを解き明かす・・・らしい。
例えば、コカは麻薬コカインの原料として根絶やしの対象にされているが、コカ茶を飲み、コカの葉を噛むボリビアでは依存症患者は少ない。
「禁止されるのはそれが悪いものだから」と信じていた常識を見事にひっくり返される、そうである。(評・多賀幹子氏)

今思ったけれど、本当に悪いものだったら禁止なんかしなくても誰も食べないよね?
禁止しなくてはいけないのは、確かに社会的・政治的要因によるのだろうなぁ。



関連記事
* by chesha
以前、ペルーに行った時にも
コカ茶は、日本の緑茶の様に振る舞われるし
ホテルのロビーには、コカの葉がおいてあり
普通につまんで、ガムのようにくちゃくちゃと
噛んでいました。
ちょっと、後ろめたい気持ちになりながら(笑)

タブーというのは、後の権力者が
いろいろと、理屈をこねて 作ったものが
多いのですね・・。

* by 鐚居汐
お~!実際に行かれたことがあるんですね!
日本人が行くようなちゃんとしたホテル(失礼!)でも普通なものなんですねぇ。

タブーを作るために作ったタブーなんていっぱいありそうですねぇ。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

以前、ペルーに行った時にも
コカ茶は、日本の緑茶の様に振る舞われるし
ホテルのロビーには、コカの葉がおいてあり
普通につまんで、ガムのようにくちゃくちゃと
噛んでいました。
ちょっと、後ろめたい気持ちになりながら(笑)

タブーというのは、後の権力者が
いろいろと、理屈をこねて 作ったものが
多いのですね・・。
2006-09-13 * chesha [ 編集 ]

お~!実際に行かれたことがあるんですね!
日本人が行くようなちゃんとしたホテル(失礼!)でも普通なものなんですねぇ。

タブーを作るために作ったタブーなんていっぱいありそうですねぇ。
2006-09-13 * 鐚居汐 [ 編集 ]