* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  Google、過去200年分の新聞雑誌記事検索サービスを開始

Google、過去200年分の新聞雑誌記事検索サービスを開始

Google、過去200年分の新聞雑誌記事検索サービスを開始→記事

その窓は こちら

200年前のアメリカの著名でない雑誌の記事を日本在住の日本人が調べようと思ったらどんなにたいへんか考えたとき、このシステムのありがたみがわかろうというもの。
なんだか世の中すごい(もうちょっと言葉がないものか?σ(-_-)ワタシ)
自民党総裁候補たちが収入格差だの地域格差だのって言ってるけど、情報格差、もっと端的に言えばインターネットを使いこなせるかどうか格差(笑)の方がもっと大きいんじゃないのかなぁ。
世代格差、収入格差、地域格差の一部でもあるとはいえるわけだけど。
 世代格差(パソコンに慣れている)
 収入格差(パソコンを購入し、自由にネットに接続する金銭的・時間的余裕がある) 
 地域格差(ブロードバンド等安価な通信手段がある)


ただ、情報を得るだけでは何の意味もないのは当然で、得た情報をどうするか。
脳の中にただ蓄積するのか。脳の中で新たにつなぎ合わせるのか。
それを発信するのか、しないのか。

情報はあふれている。
誰でも間単に得ることが出来る。
さて、どうしましょ??

あなたな~ら どうする??
(この詞に無意識にメロディが付いた人!同世代vv)

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する