* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  ユダの福音書を追え

ユダの福音書を追え

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2006年 05月号 [雑誌]
NATIONAL GEOGRAPHIC日本版 2006年 05月号 [雑誌]
特集が「ユダの福音書を追う」
キリストを裏切った人間として悪名高いユダは逆に一番信頼が篤く、キリストに頼まれて、後に非難を受けることを厭わずにキリストを官憲に渡したという。
そのユダの福音書が発見され、翻訳されるまでに至った経緯について詳しいのがこれ↓
ユダの福音書を追え
ユダの福音書を追え
ハーバート・クロスニー
『イスカリオテのユダ。銀貨30枚で師イエスを裏切ったこの男は、古くから忌み嫌われてきた。だが歴史は、ユダをめぐって別の物語があったことを伝えている。ナショナルジオグラフィック協会の支援でこのほど修復・解読された『ユダの福音書』によれば、ユダは裏切り者ではなく、イエスが深く信頼していた使徒だったという。正統派の教義とは相容れないこの『ユダの福音書』は“異端”の烙印を押され、歴史から葬り去られた。だが1700年後、失われたはずのこの福音書のコプト語写本がエジプトの砂漠で見つかった。この写本はそこから人々の思惑に翻弄され、数奇な運命をたどった末に、朽ち果てそうになる。本書は、この『ユダの福音書』が、消失の危機からよみがえり、苦心の修復・解読を経て、その驚くべき内容が明らかになるまでを、入念な取材でたどった渾身のノンフィクションである。』

キリスト教の信者ではないからかもしれないが、正統とされるキリスト教の教えとは異なった宗派=グノーシス派の教え、こちらの方が理解しやすいと感じるのはなぜだろう。
神と話すのに、教会や聖職者などというものの存在は不必要だと思う。
こういう考えを正統としなかった教会や聖職者のあり方は理解できるけどねぇ(苦笑(メシの食い上げになる)

「ユダの福音書」自体が出版されたら読んでみたいものだ。

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する