* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

またまた日曜日の楽しみ=新聞の読書欄からなんだけど
こんどは永江朗氏
「最近の新書はハリウッドのB級アクション映画みたいになってきた。派手な予告編に誘われて映画館に行くと、なーんだ、面白いところはすべて予告編で体験済みじゃないか、と。本の場合、予告編に該当するのは書名や帯のコピーである。」
わが意を得たり。
ほんとに最近の新書の内容の薄さには参ってしまう。
昔、岩波とブルーバックスを愛読していたものには乱立もいいとこで、内容がないってわかっていてもついキャッチコピーにだまされて読んでしまうのだけど

で、まぁそう言いながら永江氏が紹介しているのがこの「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」

まず「飛行機はなぜ飛ぶのか?科学的には説明できない!」
常々私は「飛行機がなぜ飛ぶのがわからない!」と思っていて、高校の頃のBFが私にそれを説明するために某大学の航空工学科に入学した。(信じられないことだけど、入学直後のガイダンスで「なぜ本科に入学したのか」と聞かれてこう答えたらしい。就活面接ならアウトじゃないかな)
で、まぁいちおう一所懸命説明をしてくれて、飛行機が飛んでいる状態はなんとなくおぼろげにわかったような気がしたのだけど、飛び上がるのがどうしても理解できなかった。
やっぱり科学的には解明されていないことだったのね。
でも飛行機が飛ぶ原理は仮説に過ぎないのに、現実に飛行機は飛んでいる。
世の中の99.9%は仮説に過ぎないというわけである。
なるほど・・・
まぁ、TVがなぜ映っているのかもわかってないんだから、飛行機ぐらい飛んだっていいんだけどね

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する