* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  イケズ美人

イケズ美人

イケズ美人
イケズ美人
入江 敦彦

『棘があるからこそ薔薇は美しい-。イケズ上手は、日本語上手。NOと言わずに断る、相手の心を読む、謎めく、モテる、玉の輿に乗る…。イケズの知恵でオンナを磨くノウハウを満載。これで美人度5割増し! 』

曰く「人間関係をまあるく、嫁姑戦争を停戦し、ビジネス上手と呼ばれ、恋の達人になるためにー京おんなのナイショの技を伝授しましょ。」
"京のいけず"は有名だけど、正面切ってゆうてええんやろか。ええんやろなぁ

例示がいい
●相手のイヤミに笑いのタネを見つけ、ユーモアで打ち返す「面白い人」になりましょう
 「ウチの子ったら、昔っからだらしないコばっかり好きになって、困ったもんねぇ」
 「あのひとったら、お義母様のことも大好きですもんねぇ」

著者は京都人のようで、京都のいけずになみなみならぬ関心があるらしい。京都関係の著作多数。ま、逆手にとって売れると見ているだけなのかもしれないけど。
梅棹忠夫の京都案内」にも「いけずなんちゃいます。あんたはんらがおのぼりさんなだけどす」という記載あり。京都人の屈折した思いがわかろうというものではないか?(笑)
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する