* AtelierUNな毎日 *

TOP >  観劇・音楽 など >  映画「イーオン・フラックス」

映画「イーオン・フラックス」

映画「イーオン・フラックス

面白くないこともないけど、ストーリーの底が浅くてびっくり(‥;)
アメリカでアニメーション作品として放送され、その後コミックス化されたカルト的作品が基らしい。

ヒロイン役シャーリーズ・セロンってオスカー女優らしい(+_+)
桜が咲いてたり、なんか日本っぽいなぁって思ってたら監督が日系だった。


ストーリーとは関係ないが、イオングループのイオンAEONとAとEをくっつけるというロゴまでいっしょでちょっとびっくり

aeon(英語)無限に長い時期, 永劫(えいごう)

aeon-flux
永遠の流れとでも訳す?
最近、邦名をつけないで安易にカタカナに置き換える題って多くない?
あ、固有名詞ってことになってるんだからいいのか~
ヒロインの名前がイーオン・フラックス
意味を知っているのといないのでは観方が変わるかも


【監督】
カリン・クサマ(『ガールファイト』)

【出演】
シャーリーズ・セロン(『スウィート・ノベンバー』『モンスター』)
マートン・ソーカス(『タイムライン』『ボーン・スプレマシー』)
ジョニー・リー・ミラー(『トレインスポッティング』『メリンダとメリンダ』)
ソフィー・オコネドー(『ジャッカル』『ホテル・ルワンダ』)
フランシス・マクドーマンド(『ファーゴ』『恋愛適齢期』)


【配給】
ギャガ・コミュニケーションズ

【ストーリー】
オスカー女優、シャーリーズ・セロンが初めて挑むSFアクション!!人類を救うのは美しき女戦士!

2011年、ウィルスが発生。人類は絶滅の危機に陥り、99%が死滅。ワクチンでなんとか生きながらえた人類は、開発者トレバーの一族によって成り立つ政府の下、生活してきた。2415年、君主トレバー8世への暗殺指令が下る。圧政を憎む反政府組織“モニカン”が暗殺者として選んだのは美しき女革命戦士イーオン。要塞に乗り込んだ彼女は、ついにトレバーに銃を突きつけるが、イーオンを見たトレバーは彼女を別の名で呼ぶ。混乱するイーオンは、さらに想像を超えた驚愕の事実を知る。

実在の連続殺人犯を演じた『モンスター』の鬼気迫る演技で、見事アカデミー賞主演女優賞を獲得。人間ドラマ『スタンドアップ』でもゴールデン・グローブ賞にノミネートされるなど、今やハリウッドを代表する演技派女優に成長したシャーリーズ・セロン。そんな彼女が、初のアクションに挑んだ注目作だ。バレエ経験のある彼女ならではのしなやかなアクションが見もの。アメリカでアニメーション作品として放送され、その後コミックス化されたカルト的作品が基。アメコミならではの奇抜な衣装は本作でも目を引く。元モデルとあって、セロンは大胆な衣装も嫌らしくなく着こなしている。また、監督が日系ということもあってか、和アイテムや桜など、和洋折衷な未来空間も独特だ。
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

* by 鯖夫
TBありがとうございました。
確かに底の浅いストーリーでしたね。本当に驚きでした。

* by UN
コメント&TBありがとうございました。
詳しく書いてくださっていたので、勝手にTBさせていただいていてごめんなさい。
驚くほどつまらない映画でしたね(苦笑

Comment-close▲

Comments







非公開コメント

TBありがとうございました。
確かに底の浅いストーリーでしたね。本当に驚きでした。
2006-04-06-01:03鯖夫 [ 返信 * 編集 ]

コメント&TBありがとうございました。
詳しく書いてくださっていたので、勝手にTBさせていただいていてごめんなさい。
驚くほどつまらない映画でしたね(苦笑
2006-04-06-09:21 UN [ 返信 * 編集 ]