* AtelierUNな毎日 *

TOP >  暮らし >  師走の風物詩

師走の風物詩

顔見世
今年も残すところ1ヶ月を切ってしまった。
今日から師走。

年末の風物詩ってなんだろうね。

お歳暮のデパートの混雑(なんでデパートに行って買うのかよくわからないんだけど・・・どうせデパートから送るんでしょう?だったら通販でいいのに)

大根炊き(だいこだきと読む)(えっと~風邪ひかないんだっけ?)

仏像のお身ぬぐい(大掃除しなくっちゃ)

クリスマスの飾りつけ(これはもう11月になってしまったねぇ)

紅白出場歌手発表(いつまで続くのかなぁ? 今年はアッコさんが白組だって~)

京都南座の顔見世(去年から参加している→LINK

終い弘法&終い天神(弘法の方=東寺は5回行ったことがあるけど、七味を買ったことがあるだけ)

風物詩って、でも、マスコミによって作られるってとこもあるかなぁ
最近気になってるのは、地方のあまり有名でないお祭りがTVニュースで目に付くようになったこと。
お祭りは本来その地の人たちが五穀豊穣なり、治水なり、子どもたちの成長なりを願って行う神事だと思う。
そこに他人が入っていいものなんだろうか。
他人の目を意識しただけで、祭りの本質が変わってしまうと思うのだが


関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント