* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの展覧会 >  平城ぬの物語り

平城ぬの物語り

nunoha2_R.jpg国際奈良学セミナーハウス内 旧世尊院客殿で開かれている 平城(なら)ぬの物語り ―古布の記憶― に行ってきました。

平城(なら)遷都1300年の今年、由緒ある旧世尊院客殿において、私達の先祖が使い、今に至った布を使ったパッチワーク作品の展示を行います。 
静かな世尊院と作品のコラボレーションを通じて、過去から未来、そして平城の時を感じていただければと思っています。
是非、お立ち寄りください。 
入場無料


ステキでした~。
また旧世尊院の建物ともよく合って…

私、古布には手を出さないようにしているんですけれど、見せていただくのはいっこうに平気(笑)

宮崎晴美さんともお話できたのですが、気さくな素敵な方です。
お教室はもうされていないのだそう。
こういうオリジナルな作品は各自の研鑚ですものね。

25日までです。
お近くの方はぜひどうぞ~。

宮崎 晴美 古布キルト・アートの世界  ホームページ 

HI391785_R.jpg端切れも捨てられなくて…とおっしゃって、はがきにされているのを頒けていただきました。
こんなちょっとしたのものでも、宮崎さんのセンスのよさがしのばれるでしょ?
額に入れてもいいかな。

HI391782_R.jpg旧世尊院客殿

桃山時代初期に興福寺の子院として建てられたものだそうです。
外は日差しが強く、暑かったのですが、建物の中は風が吹き通って気持ちいい~!
軒の深い日本家屋のよさですね。

GWのころは盆藤展が開かれていたそうです。来年のお楽しみかな。


HI391783_R.jpg国際奈良学セミナーハウス

県庁の東隣。
新館があって、宿泊もできます。
ロケーション抜群ですね!

奈良市登大路町63
0742-23-5821
鹿が入るので門扉を開け放さないで下さいと書いてあります。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する