* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信 2006年 12月号

パッチワーク通信 2006年 12月号

パッチワーク通信 2006年 12月号 [雑誌]
パッチワーク通信 2006年 12月号

去年まではカレンダーついてなかったよねぇ。
カレンダーが付いているかどうかで買うか買わないか決めたりするのかなぁ。
ま、キルトジャパンのカレンダーは毎年パソコンの横にありますが。(今月はこないだおしゃれ工房で紹介されてた花岡さんのキルトです)
来年はどっちを掛けるか迷うじゃん(笑)

いよいよクリスマス!
昨日はお歳暮のカタログも郵送されてきたし(まだ10月でしょ?と思ってしまったけど)、年賀状も来週には発売・・・
・・・( ̄  ̄;) うーん 時間って加速度が付くのだわ(‥;)


『手作りが楽しい季節。135号はクリスマス号。冬にちなんだ作品と読み物満載です。「パッチワーク通信セレクション 2007 キルトカレンダー」の特別付録つき。

巻頭特集
冬の特集:「白いトープ」
やさしく、美しい「白い」キルト。真っ白ではないその色は「象牙」、「ミルク」、「真珠」、「砂」のようなほんのりあたたかなホワイトです。クリスマス号にお届けする新しい提案は、「白いトープ」。新しい色世界です。

特集2: noel special「サンボンネット・スーのクリスマス」
皆が大好きな「サンボンネット・スー」がクリスマスに勢揃い。スーと一緒にわくわくするようなクリスマスを迎えましょう。この冬イチオシの手作りです。

特集3: travel「アトランティックカナダ」
クリスマスを迎える支度に忙しい、3州のキルターたちを訪問します。キルトとクリスマスのデコレーション、それに素敵なクリスマスのお話をお届けします。

その他の記事
●大人気連載中「斉藤謠子のトープワールド」
●大反響連載中「野原チャック・チャックカラーへの誘い」
●ブラック派とブラウン派の冬のお出掛けバッグ』
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する