* AtelierUNな毎日 *

TOP >  ハンドメイド >  ハンドメイドの展覧会 >  OSAKA布の博覧会2006

OSAKA布の博覧会2006

大阪ATCホールで開かれている「OSAKA布の博覧会2006」に行ってきました。通称"布博"、今年で2回目。
去年は6月に「インターナショナル・キルトウィーク」と別会場同時開催であわただしかったのですけど、今年はキルトウィークは3月に大阪ドームで済んでしまったので1会場でゆっくり。
 まずは展示スペースへ。昨年はラッシュ並みの混雑でゆっくり観られなかったのですけど、今年は空いていて、楽に鑑賞することができました。
まさに百花繚乱。キルトだけではなく、ニット、トールペイント、刺しゅう、ポシャギなどヴォーグ社の総力を結集という感じ。まさに総花的で、これが"布"の博覧会?という気がちょっと・・・。
OSAKAを強く意識してのことか、関西在住の作家さんたちのスペースが多いのですが・・・これはどうでしょうか。OSAKA発信という意味なのでしょうけれど、関西の作家さんたちの作品はsesseなどで目にする機会は多いわけで、どちらかといえばいつもは見ることの少ない関西でない作家さんたちの作品を多く見たかったというのが本音です。
 続けてマーケットスペースも一回り。「いとまき」さんで小物入れのキットを購入(誕生日が同じ友人とまたおそろいで(‥;))。それと生徒さんからの「ポシャギをやってみたい」との声に押されて「koe」でコースターのキットを購入。一から布を揃える心算はないので。
マーケットスペースも難なくこなして(笑)滞在時間3時間。

昼食は→こちら
寄り道は→しなかった(苦笑)
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント