* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  特別展 開館25周年記念 上村松園・上村松篁「日本画の心」展 ~真善美を求めて~

特別展 開館25周年記念 上村松園・上村松篁「日本画の心」展 ~真善美を求めて~

0581A5F9-8AC8-4D02-B054-A16B037BB3FF.jpeg

2BCDFD8A-2AA7-4F59-AC21-0D154BC870FF.jpeg

ひとっ走り
特別展 開館25周年記念 上村松園・上村松篁「日本画の心」展 ~真善美を求めて~
行って来ました。

序の舞が来ているので。
よその美術館で観たこともあるのですが、やっぱりここで観るのがきれい❣️ と私は思う(笑)

松園さんは他に
人生の花 2点、花がたみ、楊貴妃、娘、待月、伊勢大輔、月と花、鴛鴦髷、草紙洗い小町、雪月花、春、菊寿、鼓の音、雪、晴日、美人観書、雪、  下絵(母子、砧、夕暮、16歳の自画像)

ただの美人画ではない血の通った、それぞれの屈託もある美人画を堪能しました。

衣装の意匠、細かい所までしっかり描かれているのはさすが女性ならではと思うのですよ。

細かい所まで行き届いた絵は寄せてよし、引いてよしでじっくり楽しめます。

ぜひ❣️


抱き合わせのヾ(・・;)ォィォィ 松篁さん(松園さんの息子さん)なのですが、
いつもはスルーしているのですが、今回初めて(鳥ではなく)植物のリアルではなく少しデフォルメした感じが好きかもと思いました。
日本画の場合、写実であることをよしと考えていましたがちょっと観方が変わったかも。

特別展 開館25周年記念 上村松園・上村松篁「日本画の心」展 ~真善美を求めて~

松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品の寄贈と近畿日本鉄道株式会社(当時)からの基金出損により開館いたしました。2019年、お陰様で開館25周年を迎えます。
松園、松篁、淳之三代の画業を紹介し、また日本画に対するご理解と発展を目的とした公募展なども重ねて参りました。特に、大切に保管されていた松園、松篁の下絵や膨大な素描類からは、画家の感性や勤勉な制作姿勢が如実に伝わってきます。
衣食住に深く関わる女性の生活を愛おしみ、日常を丁寧に美しく生きるという人として大切な生き様を美人画に託し表現し続けた松園。大好きな鳥や花、様々な生き物たちと真摯に向き合い、自然との一体感から得た「共生」という慈愛に満ちた世界観を描き続けた松篁。お互い絵について教え合うことは一切なかったそうですが、真善美を求め、格調高く清らかな浄土へ導くような芸術世界を追及する姿勢はふたりに共通しています。
作品に込められたこの普遍的な祈りのメッセージは、これからも多くの鑑賞者に届けられることでしょう。
本展では記念展にふさわしく松園の「序の舞」をはじめ代表作をご覧頂きます。今回の特別展は、開館25周年の記念展として、また、日本人と日本の風土に育まれた美しい文化として、日本画が広く未来に受け継がれていくことも切に願い企画いたしました。
「日本画の心」をご堪能いただければ幸いです。


2019年10月26日(土)~11月24日(日)
@ 松伯美術館






FC535500-7D37-44A2-87D4-565ABC6FAAAF.jpeg

7D0C46A6-9760-4667-9B1C-90359ACA792D.jpeg

今は花の少ない時期ですが、久しぶりの晴れた空にススキとか、山紅葉のかわいい種とか @庭園




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する