* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

20190919222323095.jpeg

映画 蜜蜂と遠雷 を見ました。

原作蜜蜂と遠雷を読んだのはもう3年近く前。

まさかこれを映像化できるとは思わなかったのですが・・・(・・;)
適当に内容を忘れているのが幸い(・・;)

俳優さんとは別にちゃんとしたピアニストの方に黒子になっていただいて

よかった❣️ ほんとに❣️

ピアノ曲あるいはピアニストに関心のあるかたはぜひ‼︎

(ラグビー🏉に限らず)
何かを極めるには、それ以外のことは犠牲にせざるを得ないというか
犠牲にした者だけが極められるというか


映画 蜜蜂と遠雷

スタッフ、キャスト、楽曲、そして一音にまで妥協無く、その全てが、
映像化不可能と言われた原作に挑み、勝つために集められた。
いま、新たな傑作が誕生する——

史上初の直木賞&本屋大賞W受賞を果たした傑作小説「蜜蜂と遠雷」が遂に実写映画化。手掛けるのは『愚行録』で長編監督デビューを果たした新鋭・石川慶。そして、キャスト陣は豪華な“競演”が実現!
亜夜役には、今最も輝く女優の一人となった松岡茉優。明石役には映画、ドラマ、舞台で目覚ましい活躍を続ける松坂桃李。マサル役には『レディ・プレイヤー1』に出演し、スピルバーグ本人からその演技力を絶賛された期待の若手・森崎ウィン。そして謎の少年・塵を演じるのは、100人を超えるオーディションで「塵そのものだ」と監督を唸らせた新星・鈴鹿央士が大抜擢された。
さらに、楽曲を実際に奏でるピアニストには、河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央という世界で活躍する日本最高峰のピアニストたちが集結。
そして、物語のキーとなるオリジナル楽曲「春と修羅」を作曲するのは、日本を代表する作曲家であり、ロンドンを拠点に国際舞台で活躍している藤倉大。彼の手により生み出された「春と修羅」によって、4人の運命が動いていくことになる。

STORY
芳ヶ江国際ピアノコンクールに集まったピアニストたち。復活をかける元神童・亜夜。不屈の努力家・明石。信念の貴公子・マサル。そして、今は亡き“ピアノの神”が遺した異端児・風間塵。一人の異質な天才の登場により、三人の天才たちの運命が回り始める。それぞれの想いをかけ、天才たちの戦いの幕が切って落とされる。
はたして、音楽の神様に愛されるのは、誰か?

ピアノ演奏
河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央

キャスト
松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン
鈴鹿央士(新人) 臼田あさ美 ブルゾンちえみ
福島リラ / 眞島秀和 片桐はいり 光石 研
平田 満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史





映画化記念⁈に本の続編というかスピンオフが出ました。
祝祭と予感 です。
見透かされてるなぁとは思うのだけど(・・;)
たぶん読んでしまうのだろうなぁ。。。
まずは、本家蜜蜂と遠雷を読み直すのが先かしら・・・ね。

祝祭と予感 

また彼らに、会える。
待望の『蜜蜂と遠雷』スピンオフ短編小説集!

大好きな仲間たちの、知らなかった秘密。 入賞者ツアーのはざまで亜夜とマサルとなぜか塵が二人のピアノ恩師・綿貫先生の墓参りをする「祝祭と掃苔」。芳ヶ江国際ピアノコンクールの審査員ナサニエルと三枝子の若き日の衝撃的な出会いとその後を描いた「獅子と芍薬」。作曲家・菱沼忠明が課題曲「春と修羅」を作るきっかけとなった忘れ得ぬ一人の教え子の追憶「袈裟と鞦韆」。ジュリアード音楽院に留学したマサルの意外な一面「竪琴と葦笛」。楽器選びに悩むヴィオラ奏者・奏に天啓を伝える「鈴蘭と階段」。ピアノの巨匠ホフマンが幼い塵と初めて出会った永遠のような瞬間「伝説と予感」。全6編。






ラグビー🏉日本代表の試合はおわってしまいましたね。
鹿島アントラーズ⚽️が世界2位になったのだから、ラグビー日本代表もなれると思ったのだけどなぁ。
南アフリカの反則ギリギリの”キタナイ”試合ぶりには怒りを禁じ得ませんが
試合が終わってからあれこれ言うのは日本ラグビーの流儀ではないのでしょう。
せめてサッカー並みにオフサイドをきちんと取れる仕組みを作っておいてくれたら・・・。
サッカーでいう”マリーシア”をもっと学ばなければいけないのかもしれません。
5試合目、6試合目を戦っていく体力も‼︎
先立つものは・・・身も蓋もないですが 💰💴 ですね💦
にわかファンであろうと何かしらできることはあるはずだなぁと思っています。





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する