* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  歌舞伎 >  坂東玉三郎特別公演 @南座

坂東玉三郎特別公演 @南座

20190306164539f87.jpeg

坂東玉三郎特別公演南座 に行ってきました。
阿古屋を観に!

このところ歌舞伎鑑賞に熱心ではなく、玉三郎さんのフアンでもないのだけど、とにかく玉三郎さんの阿古屋を見ておきたくて!

阿古屋は女方の難役中の難役で、琴、三味線、胡弓の三曲を舞台上で乱れなく演奏しながら芝居もしなければならないという・・・。
去年末の歌舞伎座で、梅枝くんと児太郎くんに伝授されたと知り、そろそろ芸の継承を考えておられるのか、今見ておかないと後悔することになるかもしれないという思いでチケットゲット!
東京じゃないので観られる機会も少ない(と思われる)のです。

ま、デフォルトとして確認しておけてよかったかな。

琴、三味線、胡弓の演奏が長いんですよね。飽きる。
そりゃあ玉三郎さんはがんばっておられますけど、その道のプロというわけではないので、失礼ながら演奏自体が素晴らしいといえるわけではありませんから。

面白かったのは赤っ面の代官の岩永左衛門(坂東亀蔵さん)の人形振り。
阿古屋が演奏している横で、演奏をまねてみたり、居眠りしたり・・・
で、まぁ、みんな退屈なので人形振りを見て笑う。特に眉毛の上げ下げがよかった(笑)
こういう演出が歌舞伎がうまいと思う点なのですよね。
この赤っ面の岩永左衛門を昨年末の歌舞伎座で玉三郎さんがされたのだそうで・・・そっち観たかったなぁヾ(・・;)ォィォィ

坂東玉三郎特別公演南座

2019012417202527c.jpeg
201901241720244a4.jpeg

一、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)

  阿古屋

 平家滅亡後、源頼朝の命令により残党狩りが行われるなか、平家の武将悪七兵衛景清の行方を問い質すため、景清の愛人である遊君阿古屋(玉三郎)が問注所に引き出されます。景清の所在を知らないという阿古屋に対し、代官の岩永左衛門(坂東亀蔵)は拷問にかけようとしますが、詮議の指揮を執る秩父庄司重忠(彦三郎)は、阿古屋に琴、三味線、胡弓を弾かせることで彼女の心の内を推し量ろうとします。言葉に嘘があるならば、わずかな調べの乱れでも分かる重忠ですが、そんななか阿古屋は…。
 阿古屋は三曲を実際に舞台上で演奏しながら、微細な心情を表現する女方の大役。音曲と共に華やかな舞台を存分にご堪能ください。

二、太刀盗人(たちぬすびと)

 京へやって来た田舎者の万兵衛(坂東亀蔵)は、国元への土産を買おうと新市を見て回っているところ、その様子を見たすっぱの九郎兵衛(彦三郎)は、万兵衛が持つ黄金づくりの太刀を奪い取ろうと企てます。これに気づいた万兵衛が騒ぎ立てるところへ、目代(吉之丞)が現れ二人の争いを裁くことになります。二人に刀の名前や由来を尋ねると、万兵衛が答えるのを、横で盗み聞きして九郎兵衛も同じことを繰り返して答えます。踊ってみせる二人ですが、やがて万兵衛は、九郎兵衛が自分の真似をしていることに気がついて…。
 万兵衛を真似て九郎兵衛が半間ずつ遅れて舞う舞など、対照的な二人による賑やかで可笑しみあふれる一幕です。

三、傾城雪吉原(けいせいゆきのよしわら)

 雪景色の新吉原を舞台に、昨年(2018年12月)歌舞伎座にて新作歌舞伎舞踊として上演された、恋人を思い春を待つ傾城(玉三郎)を主人公とした情趣ある舞踊劇です。
 音もなく雪が降りしきる中、美しい傾城が現れ、豪華絢爛な衣裳を身にまとい、恋する人への思いを募らせながら、優雅に舞います。大雪の中、恋しい相手から手紙が届くこともなく、やがて二人が出会った春の頃を思い出す春の場面に移り、いつしか夏、秋、冬と季節は移り変わります。恋しい相手と過ごした時に思いを馳せる傾城を四季の情景に合わせて美しく魅せます。傾城は、いつまでも降り続ける雪景色の中、恋人も必ず訪れるであろうという思いを抱くのでした…。
 古風な趣と格式を魅せる幽艶な舞踊です。




同世代の勘三郎さん、三津五郎さんが相次いで亡くなって、私の中で歌舞伎の灯が消えかかっていたのですけれど、
新染五郎くん&千之助くん(仁左衛門さんの孫)の美しさに感激して、実にミーハーに彼らの成長を楽しみにしたいなと思うようになりました。
染五郎くんは昨年の顔見世で観ましたが、千之助くんは未だ。
もっぱらインスタでため息ばかり(笑)





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する