* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルト時間15号(2018年冬号)

キルト時間15号(2018年冬号)



キルト時間15号(2018年冬号) です。
2019年カレンダーがついています。

クリスマス号ですが、あまりクリスマスカラーではありません。
水色のクリスマスも大人っぽくてすてき❗️

イチョウの葉に防虫作用があるとは知りませんでした@銀杏の葉で作るサシェ

こうのさんが和布で連載をされるということで驚きましたが、そう和和しているわけではなく、
お好みに合った布を和のテキスタイルだと考えられているようです。
こうのさんの和和も見てみたかったんですけどね(・・;)
今後に期待しておきませう。

郷家先生の六角形のバッグ、また?って思ったらこんどは底を六角形に作って縫い合わせるものでした。
あれはあれでよかったんですけれど、底がもこもこしたかもしれません。

よみうりキルト時間15号(2018年冬号)

毎年趣向を凝らしご紹介しているクリスマス号。
今回もデラックスなラインナップです。 

アメリカンスタイルがお得意の若山雅子さんは、25個のポーチで「アドベントカレンダー」、優しい色とデザインが人気の鷲沢玲子さんは「大人のさりげないクリスマス」を提案します。アメリカの人気ユニットの提案は「キルティングなしのミニキルト」。他、シャドウアップリケや押絵のクリスマスまでが登場します。

おしゃれが楽しい季節にふさわしい和布のストール、大きなサイズのバッグなどなど。作りたいもの盛りだくさんの冬の号です。

新連載 こうの早苗「和布の愉しみ」 毎号、さらりと和布を取り入れる提案をします。

特別付録 2019年豪華カレンダー






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する