* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  下田直子 手芸のイデー

下田直子 手芸のイデー



待ってました!の下田直子 手芸のイデーです。
今年初めには出るという話が、直近でも2月27日だという話もあったけど・・・ようやく。

37冊目のご本だそうです(◎_◎;)
これまでのご本に載せていらっしゃる作品に似た作品もありますが
出色なのは最近認識されたバッグチャームのいろいろ♪
かわいいですよ~♪
イタリア製のナスかんがまたステキ!(↑の表紙にも)
どこで売ってるのかな(高いのだろうなぁ)

とにかくコツコツと! 頭が下がります。

(私にとっては)絵本ですけれど、うれしい♡


ちょっとだけ 立ち読みは→こちら(日本ヴォーグ社のページ)

下田直子 手芸のイデー

現代手芸家の最高峰といってもよい、地位を築いている著者の日本ヴォーグ社、久々の手芸作品集(全点作り方付)。
『手芸のイデー』とは、さまざまな手の技を究めているからこそ、提案できるアイディアの提案で、いつもよりも親しみやすく、かつレベルの高い作品が並びます。
バッグでは同じ形でも使う素材や、色の変化、個性的な持ち手などで変わった表情を見せる下田マジック。
その他上質の糸を使ったニットのバッグもたくさん登場します。
ユーモラスなバッグチャームや、ビーズ使いのバッグショルダーなど、新しい提案も交え、普段使いができる「リアル手芸」の趣も感じさせる作品たちです。




  今さらですが ハンドメイドバッグ―下田直子のNEEDLEWORK TIME (1999年刊) も購入。
 図書館で見て、欲しいなと思ったので。

 バッグの6つの基本型を帆布でシンプルに作られたのを提示、そしてその応用に刺繍をプラスされた作品が載っています。
 基本→応用の飛躍が下田さんを下田さんたらしめているところ♡
 どの作品が特に気になったのかは・・・そのうち・・・があるのかないのか・・・ヾ(・・;)ォィォィ
 




                                   



今日から3月、春~とウキウキしたいところですが、夜半過ぎからの暴風で、雨戸がガタガタうるさいのなんの!
なんせ建てつけの悪い古い家。
いちおう春一番と認定されたみたいですけど、程度ってものがあるだろう・・・ブツブツ・・・
睡眠不足でなんとなくボ~~っとしていたら

昨日使えたミシンが今朝イキナリ動かなくて・・・いっぺんに目が覚めた・・・

あれこれ対処法を思い浮かべたのですけれど(どこに修理頼もうとか、どこに電話しようとか)
とりあえず取説に従って、掃除してみたら~ (小さいブラシとかちゃんとセットされているのですよ。知らなかったけれど)
・・・直っちゃった!
ホコリごときで動かなくなるんだと驚きました。
まぁ、ミシンキルトをすると普通に洋裁をするより綿ボコりは多いに違いない・・・





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する