Welcome to my blog

UN

UN

img20180918_11302101.jpgimg20180918_11305365.jpg

img20180918_11331875.jpgimg20180918_11335188.jpg
画像はクリックすると大きくなります。
三つ折りの筋がついているのは前売り券を送ってもらった時のもの。新しいのがほしかったのですが、会期末でもうありませんでした。


プラド美術館展 ~ベラスケスと絵画の栄光~兵庫県立美術館 です。

おととい大塚美術館に行ってきたばかりですけれど、日がないので(10月14日まで。6月からやってたのに)がんばって行ってきました。

世界三大美術館のひとつとも言われるプラド美術館の何がすごいって、これらの館蔵品の基礎はフェリペ2世とフェリペ4世(=ベラスケスの雇用主。↑の右上の人)が自分たちの美意識で集めたものだということ。
植民地とか戦争で分捕ってきたものではないのです。

プラドといえばベラスケスでしょう♪
(マネ曰く)画家の中の画家・ベラスケスは7点!
いろいろ予習☆↓したので、あれも見たい、これも見たい(特に『ラス・メニーナス』💛)・・・いろいろ希望はありますけど、そんなに持ってきてしまってはプラド美術館がカラになってしまう・・・💦
特に『ラス・メニーナス』は現地に行かないと見られないのでしょうねぇ。

やはりね、陶板とは全然違う・・・

見応え十分♪

10月14日までです。

お急ぎください。


 ・作品リスト


プラド美術館展 ~ベラスケスと絵画の栄光~

17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現
17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。 本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。

巨匠ベラスケスの傑作が「7点」そろう画期的な展覧会です。
 17世紀スペインを代表するのみならず、西洋美術史上最も傑出した画家のひとりであり、マネやピカソなど後世の芸術家たちにも大きな影響を与えたディエゴ・ベラスケス。プラド美術館では、彼が残した作品の半数近くを所蔵していますが、国民的画家としての重要性から、まとまった数で貸し出される機会は極めて限られています。本展には重要作ばかり7点が出品されますが、これは日本で開催される展覧会では過去最多の作品数です。ここに、「ベラスケス展」と言っても過言ではない画期的な展覧会が実現します。

ルーベンス、ムリーリョ、スルバラン…17世紀黄金時代の数々の名画が出品されます。
 ベラスケスが宮廷画家として活躍した17世紀のスペインは、他にも多くの重要な芸術家を輩出するとともに、国王らにより未曾有の規模で芸術の擁護と収集が進められ、名実ともに絵画の「黄金時代」を迎えました。日本とスペインの外交関係樹立150周年を記念して開催される本展は、スペインだけではなくイタリアやフランドル絵画の作例も加えて、61点の油彩画と9点の資料によって17世紀マドリード及びスペインの国際的なアートシーンを再現します。

プラド美術館とは
 世界屈指の美の殿堂として知られるプラド美術館は、16世紀以降のスペイン王家によって収集された、スペイン、イタリア、フランドル絵画を中心に、1819年に王立の美術館として開設されました。その特徴は、歴代スペイン王たちの美術への熱意と嗜好によって収集され、それぞれの国王の趣味が色濃く反映されたコレクションであるという点です。7,000点を超える絵画コレクションのなかには、宮廷画家であったベラスケスやゴヤの生涯を網羅する代表作群のほか、エル・グレコやムリーリョの宗教画、そしてラファエロ、ティツィアーノ、ボッス、ルーベンスなどイタリアやフランドル絵画の第一級のコレクションも含まれており、ハプスブルクとブルボンのスペイン両王朝の栄華を今に伝えます。設立後も寄贈や購入によりコレクションを拡充し、現在も、世界でもっとも重要かつ魅力的な美術館の一つに数えられています。


2018年2月24日(土)~5月27日(日) @国立西洋美術館
2018年6月13日(水)~10月14日(日) @兵庫県立美術館



☆予習はおさおさ怠りなく
 ベラスケスとプラド美術館の名画

 名画で読み解く ハプスブルク家12の物語

 消えたベラスケス

 ベラスケスの十字の謎

 ベラスケス 宮廷のなかの革命者 (岩波新書)


本展で購入したのはこれ↓
プラド美術館の三時間 (ちくま学芸文庫)


1枚物のフライヤーはこちら
img113.jpg img114.jpg


SN3S0030_20180917213142750.jpg

関連記事
最終更新日2018-09-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply