* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2018年1月号

キルトジャパン2018年1月号

キルトジャパン2018年1月号新春 (172号)です。

いつも通り  

でも今回は和和してないで、和布は使うけど、シンプルですてき♡


読みごたえはたっぷりなのですが、作りたいものはなかったかなぁ。


立ち読みはこちら(PCのみ)


カレンダー付き。


キルトジャパン2018年1月号新春 (172号)

特集:和のシンプルキルト
「シンプルキルト」が注目を集めています。デザインがシンプルなほど布柄や配色を楽しむ余地が生まれ、またアレンジしたり組み合わせたりが自在にできてデザインの幅が広がるので、多くのキルターをひきつけているのでしょう。
日本の伝統的な文様をあらためて見てみると、直線やカーブなどで構成されたシンプルな形のくり返しです。幾何学的な文様や、植物や動物などの具象文様など数多くの文様が古くから人々の生活の中に取り入れられ、受け継がれてきました。シンプルなデザインだからこそストレートに語りかけてくる、王道であり新鮮でもある、これからの和のキルトをご提案します。

特集2:手作りで祝う雛祭り

第1回キルトジャパンコンテスト入賞作品発表!

新連載:チャレンジ!ミシンキルト

取材:充実のキルトライフを目指して キルト「時間の整理術」
もの作りの現場をたずねる「針ものがたり キルティング針」
もの作りの現場をたずねる「畳縁(たたみべり)」

Lesson:透かし文様のキルトを作りましょう

誌上レクチャー
スラッシュキルトを作りましょう
ゆったり着られる楽ちんデイリーウエア
今月のキルトギャラリー「和の舞」
付録のオリジナル型紙で作るポーチ
パッチワークのぬいぐるみ
野原チャックのパターンノート
COTTON+STEELで作る ポップな小もの
キルト綿のお悩みにアウルスママがお応えします!
布使いが新鮮!NAKEDのスラッシュキルト
つなぐ人―中沢フェリーサ
阪本あかねのゆかいなソーインググッズ
アメリカキルト日記
私のこだわり針道具
針休めの針仕事
野口 光の世界の手仕事から




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する