* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  歌舞伎 >  スーパー歌舞伎II ワンピース

スーパー歌舞伎II ワンピース

oosaka_201804.jpg

スーパー歌舞伎II ワンピースを観てきました。
めちゃ久しぶりの観劇です。
これも積極的に観たいわけではないのですけれど、前回の初演を観てよかった、よかったと大騒ぎのご近所さんが居るもので、再演なった今回一度見ておこうかと・・・(・・;) (彼女は今月3回観る予定(◎_◎;))

肝腎の亀ちゃん(猿之助さん)は昨年ワンピース公演中に骨折されて(左腕開放骨折)まだまだ完治とはいかないので半分ほど夜の公演に主演されるだけ(演出も無理のない範囲に変更だそうです)、昼はその時 代役をされた右近ちゃんがルフィ、亀ちゃんはシャンクス。
とは言えワンピースは1冊も読んだことなし。TVアニメを1,2回見ただけなので誰が誰やらなんとやら・・・。
なので、珍しくイヤホンガイド(谷原章介さんとかアニメ・ワンピースの声優の皆さんとか)もお借りして観劇。

芸達者の澤瀉屋の皆さん&若手の成長株な皆さん&芸達者な俳優さんたちで、歌舞伎のあのシーンとわかるくすぐりとかもあって、ほんとうにうまく歌舞伎化していて面白かった♪
そこはやはり演出の亀ちゃん(猿之助さん)の手腕でしょうか。

亀ちゃんバージョンのルフィで観てみたい気はしますけど、夜のみですし、あっという間にいい席は完売になってしまって唖然。(多分ファンクラブでいっぱいだったのでしょう)
まあまた腕も完治されてから来年再演があったら観てみましょう。

前から5列目でしたので、金のキラキラテープはかぶるわ、本水はかぶるわ(シートにはビニールがかけてあって、個人用にもビニールカッパ等準備されてます)、雪片の紙吹雪はかぶるわ・・・

one.png主題歌があって(◎_◎;) ゆずのTETOTEという楽曲なのですが、ルフィ(右近ちゃん)がゆっくり宙乗りしている間、観客も総立ちでタンバリンを鳴らして歌い、通路を歩いてくる演者さんたちとハイタッチをするという演出。
←900円なり。東京では黄色しかなかったそうなんですけど、大阪で水色とピンクが増殖。私はピンク(今孫♂の好きな色なので)

グッズ多数。


まだ春休みなのでふだん歌舞伎は見ないであろう子どもの姿もちらほら。どう感じたでしょうね。歌舞伎ファンになってくれるかしら。



スーパー歌舞伎II ワンピース

大ヒットマンガ「ONE PIECE」の世界観を市川猿之助が「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」の手法と北川悠仁の書下ろしによるゆずの主題歌で描き、日本全国で30万人を動員した大ヒット歌舞伎、あの熱狂が大阪松竹座で再び!
日本中の話題を席巻した伝説の初演から早2年。
さらなる進化を遂げて、いよいよ大阪松竹座に帰ってくる―。
「劇場」という大海原に飛び出し、「こんな歌舞伎、見たことない!」と大評判になったルフィと麦わらの一味の新たな冒険。
圧倒的なスケールで送る大航海をお見逃しなく!!

ストーリー 頂上戦争編
大秘宝ワンピースを探す大いなる航海の次なるステップ・新世界への入り口となるシャボンディ諸島での海軍との戦いの中で、麦わらの一味は散り散りになってしまう。一人になったルフィは兄エースの処刑宣告の知らせを聞き救出に向かう。侵入不能の海底監獄を突破するルフィだが、エースは海軍本部に移送されてしまった後。そしてついにその海軍本部を舞台に、エースを救おうとする海賊団や、ルフィと海軍との間で壮絶な決戦が繰り広げられる!!

配役
ルフィ:尾上 右近/イワンコフ:浅野 和之/サディちゃん:坂東 新悟/マルコ:中村 隼人/シャンクス:市川 猿之助/エース:平 岳大

平成30年4月1日(日)~25日(水)
@ 大阪松竹座



      ワンピースが大秘宝だということを初めて知った・・・
      なんでワンピースなのかずっと疑問だったんですよね・・・





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する