* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事です。

2009~2011年のキルトジャパンでの連載に加筆されて1冊に・・・

このころ京都でのレッスンギャラリーに出かけて、布を選んでいただいたこともあったなぁと遠い目・・・

私たちの世代(@パッチワーク)はまず松浦さんから入ったなぁと思います。

変わらない端正な作品群です。

懐かしい世代も、見たことないとおっしゃる世代もぜひどうぞ。



今も昔も変わらないキルトの楽しさ 松浦香苗の針仕事

キルトジャパン2009年7月号から2年にわたる連載「松浦香苗の伝えたい針仕事」をまとめたものに、新作を加えて再編集しました。トラディショナルパターンをテーマにした作品とそれにまつわるお話がメインで、読み物としても楽しむことができます。布柄、色合わせ、仕上げと作り方といった作品作りのこだわりや、松浦さんが考案した針と糸を使わないパッチワーク、アンティークのお針道具などの貴重なコレクションも必見です。作品制作における原点から現在に至るまでを集約。ファンはもちろん、パッチワークキルト初心者からベテランまで、見応え十分な内容の一冊です。





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する