Welcome to my blog

UN

UN

キルトジャパン2017年4月号 春 です。

スクラップ布でログキャビン♪
ミシンで自由にやってみたいなぁと思いながら・・・なかなか・・・(;'∀')

パッチワークのぬいぐるみ、古澤先生の回で、お洋服がとってもかわいい♪
欲を言えば男の子仕様もあったらよかったかなぁ。


季刊になったせいもあるのでしょうけれど、どうも細切れで、もっとド~~ンと大きなテーマで1冊まとめてほしいと思うのですけれど、それだと売れないのかしらねぇ。
通信がなくなった今、大事にしていかなければとは思いますが。


・立ち読みはこちら → キルトジャパンweb




キルトジャパン2017年4月号 春

さまざまなはぎれをスクラップ布といいますが、そのスクラップ布でログキャビンキルトを作りましょう。細長いストリング布をつないで作るログキャビンなら、布の整理にぴったりです。特集1では「スクラップ布で作るログキャビンキルト」を、小物から大作までさまざまな作品をご紹介します。特集2は色後2色に限定して作る「ツートーンカラーのキルト」。配色に迷うことなく色柄合わせが楽しめます。新連載の「パッチワークで作るぬいぐるみ」もお楽しみに。そのまま切って使える台紙つき。実物大型紙つきです。

特集 スクラップでログキャビンキルト
ストリングをぐるぐる縫いつなぐログキャビン。スクラップで作るのにちょうどいいパターンです。日頃から残り少なくなった布はストリング状にカットしてストックしておきましょう。この布たちが後に、大作へと大きな力を発揮します。捨てられずにずっとしまっていたはぎれたちを集めて、スクラップ布を使い切りましょう。

特集2 ツートーンカラーのキルト
たくさんの布を前にして配色に悩んでしまったら、思い切ってツートーンでまとめてみましょう。2色の布を選んで配色するとまとまりやすく、何より楽しめます。今回は、人気の赤と白、青と白などの配色から、緑や黒を使った個性のあるツートーンまで、柄布を多用した新鮮なツートーンのキルトをご紹介。同じツートーンでも、無地布に限定せず、柄布を使うことで配色に広がりが出ます。

<新連載>阪本あかねのゆかいなソーインググッズ
<新連載>パッチワークのぬいぐるみ
オリジナルフレームに飾る季節のキルト
付録のオリジナル型紙で作るポーチ
はじめてのミシン、何を買いますか?
はじめてのミシンキルティング
つなぐ人―リマ・ブィービナ
こどもの日を飾る端午のキルト
INAZUMA×キルトジャパン 第3回キルトバッグコンテスト入賞作品発表
誌上レクチャーつき 立体メッシュワークのバッグ
AUN(あうん)のキルト&健康教室
今月のキルトギャラリー「バラ」
パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~
アメリカ・キルト日記
針休めの針仕事
私のこだわり針道具
野口 光の世界の手仕事から




関連記事
最終更新日2017-11-17
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply