* AtelierUNな毎日 *

TOP >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  第16回東京国際キルトフェスティバル―布と針と糸の祭典― 図録

第16回東京国際キルトフェスティバル―布と針と糸の祭典― 図録

mini_170120_1540.jpg
第16回東京国際キルトフェスティバル―布と針と糸の祭典―の図録です。
例によってふっくら☆人さんに送っていただきました(深謝)

毎年同じ感想になってしまうのですが、とにかくすごい!のひとこと。
こんな小さな画像でさえそう思うのですから、実物を会場で見ると圧倒されるでしょうねぇ。
うらやましいような、熱が出そうな・・・(・・;)

あんだんての清水先生や奈良でブティをされている石井先生など、知った方のお名前を見つけてはうれしい気持ちにもなっています♡


そして明日の放送↓も楽しみ♪

第16回 東京国際キルトフェスティバル ~徹底紹介 布と針と糸の祭典~
2017年1月21日(土)午前11時~午前11時45分 BSプレミアム
<司会>中山エミリ 吉井歌奈子  / <ゲスト>   神田うの 岡野栄子
“布と針と糸の祭典”として知られ16回目をむかえる「東京国際キルトフェスティバル」。日本をはじめ世界の第一線で活躍するキルト作家の作品を東京ドームに展示する。世界を代表するキルトの祭典の1つである。番組では今回の特別企画「ガーデンキルト」や参加型人気企画「パートナーシップキルト」の模様、また「キルト大賞」受賞者の取材など織り交ぜながらキルトフェスティバルの見どころをあますことなく紹介する。 





2017a.jpg 2017b.jpg

第16回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-について
20万人以上が来場する世界最大級のキルトの祭典、「第16回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」が東京ドームで開催されます。
今回は、会場いっぱいにキルトの花が咲き誇る空間が演出されます。
特別展示「珠玉のガーデンキルト」では、キルトの殿堂として有名なネブラスカ大学IQSCM所蔵の、1800年代に作られた貴重なキルトが展示されます。
特別企画「鷲沢玲子 オズの魔法使い」では、オズの魔法使いの物語がキルトで表現され、エメラルド城への道を色とりどりのキルトの花が埋め尽くします。
そのほか、「日本キルト大賞」では、国内外の応募作品から入賞、入選作品300点余りが展示されます。




関連記事

Last Modified : 2017-01-20

Comments







非公開コメント