* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  樋口愉美子のアップリケ刺しゅう

樋口愉美子のアップリケ刺しゅう

樋口愉美子のアップリケ刺しゅう です。

待ってましたのアップリケ刺しゅうです。

実は、樋口さんの刺しゅうをしようとして面を埋めるのにあきてしまって
これをアップリケですればいいんじゃないかと思いついて布選びをしたところあたりで本書の発行を知り、
本家のを見てからにしようとしまい込んでしまった経緯がありました。

本家、アップリケはフェルトか無地の綿の布(両面接着芯使用で縁の始末を回避)を使われています。
ほんとに刺しゅうの面塗りの代わりです。
あ、それだけなのか・・・と少々残念に思いました。
布が使われるべき新しい進展があるのかと思いましたので。
ま、それでいいのでしょう。

樋口愉美子のアップリケ刺しゅう

今最も注目されている刺しゅう家 樋口愉美子さんが、初めて「アップリケ刺しゅう」の切り口で出す本です。
それは大人の女性が日常で使える、洗練されたデザインのアップリケ。
花や植物を中心に、昆虫や鳥といったモチーフが、センス溢れる色づかい、そして絶妙な間合いの配置で繰り広げられます。
誰もが思わず「かわいい! 」と声を上げ、作りたくなってしまうこと請け合い。
アップリケは、図案中の面の部分を布で表現するので、刺しゅうより早く仕上がるのが魅力。
アップリケのテクニックや刺しゅうの基礎は詳しく解説しているので、初心者さんも安心してください。
バッグやポーチなどの実用品にあしらった例もまじえ、作品40点を掲載。




関連記事
ちーさんへ * by UN
あ~、ちーさんも買われるかなぁと思ってました(*^^)v

アップリケの作品はあまり作られないからかもしれませんねぇ。

大きな買い物ってなんでしょうねぇ。
楽しみにしていま~す♡



* by ちー
私も購入しましたよ♪
キルト作家さんと刺繍作家さんでは、「アップリケ」の概念が違うのかも、ですね~。

樋口さんと言えば。
ワタクシ、大きなお買い物をしてしまいました(^^;)
頑張って作ろうと思います。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

あ~、ちーさんも買われるかなぁと思ってました(*^^)v

アップリケの作品はあまり作られないからかもしれませんねぇ。

大きな買い物ってなんでしょうねぇ。
楽しみにしていま~す♡


2016-10-29 * UN [ 編集 ]

私も購入しましたよ♪
キルト作家さんと刺繍作家さんでは、「アップリケ」の概念が違うのかも、ですね~。

樋口さんと言えば。
ワタクシ、大きなお買い物をしてしまいました(^^;)
頑張って作ろうと思います。
2016-10-28 * ちー [ 編集 ]