* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2016年10月号 秋

キルトジャパン2016年10月号 秋

qj1610.jpg旅行に行っていたので遅れてゲット!

キルトジャパン2016年10月号 秋です。

シンプルキルト、そうそうこういうの待ってたのよねぇ。

合言葉は、カンタン、ヤサシイ、ミバエヨシ! 

ガラパゴス化もいいのだけれど、おおらかに!

まぁ、パッチワーク愛好家の年齢が上がってきて細かいものはなかなか難しいということもあるのかも。

布はしっかりため込んでいるのだから、死ぬまでになんとかしたい!
(という気持ちはあるのよ、いちおう(爆))


・ 立ち読みは こちら : ヴォーグ社のサイト


キルトジャパン2016年10月号 秋

特集:合言葉は、カンタン、ヤサシイ、ミバエヨシ! シンプルキルトが愛しい、楽しい、作りたい!

キルトジャパンはお陰様で創刊30周年を迎えました。創刊号が発行された1986年は日本のキルト界の黎明期。さまざまなデザインや技法、情報などすべてが新鮮だったことでしょう。アメリカから伝わった女性の針仕事が、こんなにも長く愛され、そして日本ならではの繊細さや技術力を発揮し、ガラパゴス的に発展しました。しかし、振り返ってみると、はじめに魅かれたのは、四角つなぎのような、ごくシンプルなキルトだったりします。シンプルなものは、はっと目を引き、人々を惹きつける力を持っています。30周年を飾る企画として、この力強い「シンプルキルト」を特集いたします。シンプルにはさまざまな意味が込められていますが、特に3つのことを意識しています。
①ピースを細かくしすぎない、大らかに
②好きな布を楽しく使う
③パッチワークならではの温かみ
これまでにご紹介したキルトは数え切れないほど。そしてこれからの時代に向けてキルトジャパンでは、さらに皆様に愛される、楽しい、作りたいキルトをご提案してまいります!

特集2:天使のクリスマス

クリスマスのシーズンが近づいてくると、なんだかそわそわしてきます。我が家でもそろそろクリスマスの準備を始めませんか? 今年は天使をテーマにした作品をご紹介します。あなたが創るキルトのどこかに「天使」をひそませるのも楽しそうですね。

最終回 小関鈴子のモードなキルト
新連載 オリジナルフレームに飾る季節のキルト
新連載 はじめてのミシンキルティング
新連載 AUN(あうん)のキルト&健康教室
付録のオリジナル型紙で作るポーチ
阪本あかねのゆかいなポーチ
布の収納、見せて下さい!
配色を楽しむモザイクキルト
INAZUMA×キルトジャパン 第3回バッグコンテスト作品大募集!!
つなぐ人-津田命子
今年も早めにご紹介します 酉年がやって来ます!
  誌上レクチャー 酉袋を作りましょう
女性の暮らしと針仕事 ~韓国刺繍博物館コレクションより~
今月のキルトギャラリー「ヘクサゴン」
パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~
ものづくりの現場を訪ねる 広島針
ものづくりの現場を訪ねる SashikoⅡ
私のこだわり針道具
針休めの針仕事
野口 光の世界の手仕事から
30周年記念企画 30アイテムの愛読者プレゼント




       Sashikoミシン、ほしいなぁ



関連記事
ちーさんへ * by UN
新しく始めようとする人にとってもそうでしょうけれど、これまで細かいものを仕上げていた人にとってもねぇ。
そろそろ楽になってもいいかなって、QJがお墨付きをくれたような・・・

ワンデーレッスンも始まっていますねぇ<某お教室

「キルト&ステッチショー」、先の話かと思っていたんですけれど、いよいよ来週なんですねぇ。
またレポート楽しみにしていますね(^_-)-☆


* by ちー
確かに、最近のキルトは、
あまりにも細かくなりすぎて敬遠されているのかもしれませんね~。
難しそう、私には無理…って。
私の通っていた某お教室でも、ずっと入会金半額キャンペーンをやっていて、
生徒さんが以前より集まらないのかな…って感じます。
(そういう私も、たぶんもう復帰することはないですけど…)
来週、初開催の「キルト&ステッチショー」も、
なんとなく、時代の流れを感じるような…です。
手づくり手帖の付録も、ステッチ系が続くようですし。
(まぁ、私も、最近はステッチまっしぐらですけど…汗)

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

新しく始めようとする人にとってもそうでしょうけれど、これまで細かいものを仕上げていた人にとってもねぇ。
そろそろ楽になってもいいかなって、QJがお墨付きをくれたような・・・

ワンデーレッスンも始まっていますねぇ<某お教室

「キルト&ステッチショー」、先の話かと思っていたんですけれど、いよいよ来週なんですねぇ。
またレポート楽しみにしていますね(^_-)-☆

2016-09-11 * UN [ 編集 ]

確かに、最近のキルトは、
あまりにも細かくなりすぎて敬遠されているのかもしれませんね~。
難しそう、私には無理…って。
私の通っていた某お教室でも、ずっと入会金半額キャンペーンをやっていて、
生徒さんが以前より集まらないのかな…って感じます。
(そういう私も、たぶんもう復帰することはないですけど…)
来週、初開催の「キルト&ステッチショー」も、
なんとなく、時代の流れを感じるような…です。
手づくり手帖の付録も、ステッチ系が続くようですし。
(まぁ、私も、最近はステッチまっしぐらですけど…汗)
2016-09-11 * ちー [ 編集 ]