* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2016年7月号 夏

キルトジャパン2016年7月号 夏

もう6月なのですねぇ。

キルトジャパン2016年7月号 夏です。

あ、いいな、作りたい!って思うものいっぱいで、かわいい号ですよ♪

ま、作りたい と 作る と 作った の間には深い河がありますが・・・

百聞は一見に如かず
立ち読みは こちら ←ヴォーグ社のページ


キルトジャパン2016年7月号 夏

特集:簡単!素敵!なアイデア小もの
大きなキルトを抱えながらの作業がなかなかはかどらないこの季節。こんな時は思い切って大作はしばらくお休みにしてみては…。でも、一日一回は針と糸を持たないと、気分が落ち着かないあなたのために、短時間ででき上がるアイデアいっぱいの楽しい小ものたちをご紹介します。簡単だけれど、素敵に作れる工夫が詰まった、ひと技ありの小品を提案します。

特集2:紫陽花のキルト
梅雨の季節の風物詩、紫陽花の花が見ごろを迎えます。小さな花が集まる様子をキルトで表現したら、さまざまな技法を使ったアイデアいっぱいの紫陽花たちが集まりました。飾って楽しめるタペストリーをはじめ、バッグやクッションなど暮らしの中で使いたい小ものをお届けします。

季節のキルト:ゆらゆら泳ぐ金魚のキルト
付録のオリジナル型紙で作るポーチ
ミシンで簡単! ファスナーつきの小もの
女性の暮らしと針仕事  ~韓国刺繍博物館コレクションより~
阪本あかねのゆかいなポーチ
小関鈴子のモードなキルト
特別レポート from U.S.A
キルトコン2016がカルフォルニアで開催
つなぐ人-倉石泰子
新しい布を訪ねて
ますます広がるオリジナルプリントの魅力
海外レポート「LIBERTY IN FASHION- ファッションにおけるリバティ」展
パッチワーク風カルトナージュが新鮮!
ソーイングバスケット
誌上レクチャー: パッチワーク風カルトナージュのソーイングバスケットを作りましょう
第13回キルト日本展 入賞作品発表
今月のキルトギャラリー「日本の祭り」
パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~
針休めの針仕事:ワイヤーで自由自在 猫のワイヤーブローチ 中沢フェリーサ
私のこだわり針道具
野口 光の世界の手仕事から





 北海道の、見つかってほんとうによかった! ε-(´∀`*)ホッ
 行き過ぎたしつけとの意見もありますけれど、 結果からはそう見えますけれど私はそうは思わない。
 お父さんはじめご家族は生きた心地しなかっただろうと思うと気の毒で・・・
 ほんとうに無事でよかった!
 彼はしっかりしたいい大人に育つと思いますよ。お父さん、委縮しないでがんばって!


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する