* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  東日本大震災~原発 >  新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁

新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁

普通の人が普通に疑問に感じ、不安を持っていることに対して、きちんとおかしいと言ってくれた画期的な判決だと思う。
備忘録として残しておきたい。

新基準への不信あらわ=福島事故の反映「不十分」―高浜差し止め・大津地裁
                                @時事通信 3月9日(水)19時1分配信

 大津地裁は9日、関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた。

 稼働中の原発の停止を命じた初の司法判断。地裁は仮処分決定の中で、関電が再稼働の根拠に据えた原子力規制委員会の新規制基準が、東京電力福島第1原発事故の教訓を十分に反映していないと指摘し、不信感をあらわにした。

 決定は、新規制基準の策定の契機となった福島原発事故について、「原因究明は道半ばの状況だ」と指摘。電力会社だけでなく、原因究明が不十分な中で策定された新基準を「世界最高水準」(田中俊一委員長)と誇る規制委の姿勢にも「非常に不安を覚える」と厳しい目を向けた。

 特に、想定外とされていた津波などが福島第1原発事故の甚大な被害を引き起こしたことを踏まえ、「過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、十二分の余裕を持つことを念頭に置き、見落としがあっても致命的な事態に陥らない思想で基準を策定すべきだ」と強調した。

 非常用電源の確保など過酷事故対策や、地震想定に用いる断層の評価、使用済み燃料プールの耐震性や事故時の冷却方法など、規制委が審査で「基準を満たす」と判断した具体的内容にも踏み込み、「裁判所に対し(安全だとする)十分な資料が提供されていない」と軒並み疑問符を付けた。






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する