* AtelierUNな毎日 *

TOP >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ

斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ

斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ です。

難しすぎず、易しすぎず・・・いい案配のバッグが26個紹介されています。

もともと台湾の出版社が依頼・編集・発行したものを逆輸入して翻訳して日本で出版しているそうで、それでいい案配なのかもしれません。

写真のバックの建物等日本とは違っていて面白いです(・・;)
(台湾のここの書店では中身が見られます)
 (「博客来(ボーカーライ)」は台湾版Amazonと呼ばれるらしい)

斉藤謠子的Elegant Bag Style.25:職人特選的實用拼布包
000.png
   表紙、日本の物より好きだな♪
   こちらについてのQPブログの言及が面白い!


キルトパーティーのお店の紹介や、キット制作の過程等、普段日本で出版される本では触れられない部分もとても興味深く読みました。

いくつかキットも紹介されています。
私が作りたいなと思った作品のキットはなくて・・・(幸いにして?不幸にして?(笑))

斉藤先生のバッグの本はいっぱい持っているわっておっしゃる方もぜひ!


斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ

自由な発想を楽しんで!
いま持ちたいバッグが必ず見つかる

草花や動物など自然をモチーフにしたものから幾何学模様まで、人気キルト作家斉藤さんの豊富なモチーフとデザインのバッグ・小物26点を紹介する。同系色の色調でまとめられ、センスよくあらゆるシーンで活躍するバッグ。持ち手を工夫したりポケットの取り付け方など実用的なアイデアがいっぱい。





                       



毎週、雪が、雪が・・・と天気予報で脅かされているのですが
なぜか今週も(近畿の北部も南部も積もっているのに)このあたりはスルー。
(こちらの気分的に"狼少年"になりかかっているのがちょっと怖いのですが)
それでも今朝の気温はマイナス5℃近くで、めったにないことですが、朝、窓が凍って開かなくてお湯をかけました。


関連記事

Last Modified : 2016-01-25

ちーさんへ * by UN
今そちらにおじゃましていたんですよ。
ドームのお写真、いっぱいありがとうございます!

確かに台湾の方はうっかりがあるかもしれませんね。
そういう表示はなかったのかしら。
私もやってしまいそうなミスです。

台湾の(外国の)方からの目線が面白くて、記事もよかったのでぜひって思いましたけど
ちーさんは本家のQPのこともよくご存じですから特に目新しいことはないかもしれませんね。
どうぞ立ち読みされてから・・・(爆)

* by ちー
ぜひ、って言われると心がちょっと揺れます(笑)

表紙を変えてしまって、
台湾からドームに来られた方が、別の本と思って買ってしまうということはなかったのかしら…と、
チラリと思ってしまった、粗忽者のワタクシです。
(以前、雄鶏社さんから出ていた刺繍の本が別の出版社から再販された時、表紙が変わっていたので、新刊ね~!と思って買いそうになってしまった経験が…)

Comment-close▲

Comments







非公開コメント

ちーさんへ

今そちらにおじゃましていたんですよ。
ドームのお写真、いっぱいありがとうございます!

確かに台湾の方はうっかりがあるかもしれませんね。
そういう表示はなかったのかしら。
私もやってしまいそうなミスです。

台湾の(外国の)方からの目線が面白くて、記事もよかったのでぜひって思いましたけど
ちーさんは本家のQPのこともよくご存じですから特に目新しいことはないかもしれませんね。
どうぞ立ち読みされてから・・・(爆)
2016-01-28-08:46 UN [ 返信 * 編集 ]

ぜひ、って言われると心がちょっと揺れます(笑)

表紙を変えてしまって、
台湾からドームに来られた方が、別の本と思って買ってしまうということはなかったのかしら…と、
チラリと思ってしまった、粗忽者のワタクシです。
(以前、雄鶏社さんから出ていた刺繍の本が別の出版社から再販された時、表紙が変わっていたので、新刊ね~!と思って買いそうになってしまった経験が…)
2016-01-28-08:36ちー [ 返信 * 編集 ]