* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2016年1月号 新春

キルトジャパン2016年1月号 新春

キルトジャパン2016年1月号 新春 (164号)です。

和の号は買わずにいようかなとも思ったのですけれど、ちょっと作ってみたい作品(未公表(笑))があったので購入しました。

キルトウィークが無くなってしまうのも寂しいなと思っていたら(特に今年は珍しく行きたかったのに行けなかったので)、ヴォーグがしてくださるのだそうです。
その名もキルト&ステッチショー
これまで以上にキルトとステッチのコラボのステキな作品が見られるのだろうなとわくわくしています❤
(大阪は1年以上先ですが・・・(・・;))
 東京:9月15日~17日@東京ビックサイト西4ホール
 大阪:12月15日~17日@マイドームおおさか1~3階 φ(.. )
コンテストもあるそうですので、興味がある方はチェックしてくださいなぁ。
速報段階なので詳細はこれからですが。

作るつもりはないのですが、フックドラグのねこちゃんたちがかわいい~❤
平面しか知らなかったので、立体にもなるんだという驚き!(当たり前と言えば当たり前なのですが)
作り方も丁寧に載っています。
自分好みの目鼻立ち&柄(!)のねこちゃんが誕生しますねぇ。
いえ、私は作るつもりはありません←しつこい。ま、記憶の隅に・・・

立ち読みは こちら(キルトジャパンweb) へどうぞ。


キルトジャパン2016年1月号 新春 (164号)

特集:おもてなしの和のキルト
新しい年を迎える準備は、おめでたいキルトから。ハレの日にふさわしい、華やかな和布を中心に作りましょう。古くからある日本のおめでたい文様や縁起もの。季節感のあるしつらいに添える花たち。新春を飾る、お客様を迎える、飾るキルトの提案です。

特集2:タイポグラフィキルト
FIRST OF INFINITYのお二人に連載してもらっていた「タイポグラフィキルト」が特集になって戻ってきました! タイポグラフィとは簡単にいってしまえばアルファベットのデザインのことをいいます。アルファベットの文字を幾何学模様のピースワークで表現していくタイポグラフィキルト。代表的な欧文フォント(書体)をパターン化したもの、オリジナルのフォントをデザインしたもの。今回もさまざまなタイポグラフィをご紹介します。

今月のキルトギャラリー 艶やかな和のキルト
付録のオリジナル型紙で作るポーチ
家庭用ミシンで作る ミシンキルトレッスン Lesson19 筒縫いで作るモダンなバッグ
雛祭りの小さなキルト
moda fabrics×キルトジャパン 「ベストオブモリス」の布で彩る インテリア写真コンテスト入賞作品発表
誌上レクチャーつき フックド・ラグで猫を作りましょう
ちょっぴりレトロな針仕事
patch-workのモダンキルトレッスン
街の手芸屋さん日記
小関鈴子のモードなキルト
パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~
針休めの針仕事
第25回 キルトジャパン賞 入賞作品発表
野口 光の世界の手仕事から




関連記事
ちーさんへ * by UN
あれ?東京なのに入荷が遅れているってことはなさそうですしね。
そんなに売れないのでしょうか。出荷数を減らしたのでしょうか。
確かに複雑です。

業界としてやはり大きいイベントは必要なのでしょうね。
今年は急遽「オータムマーケット」でしたけど、結局ヴォーグが引き受けるということになったのかもしれませんね。
先日ちーさんがご覧になったようなステッチの大作を実際に目にすることは少ないので、《キルト&ステッチ》とても楽しみです♪
ヴォーグがやってくれるからこそのような気がしています。

寡聞にして知らないのですけれど、なぜP通信社が倒産することになったのか、その原因は突き止められているのでしょうか。
"債権者集会"には行っていないのですけれど、きちんと分析されたのか気になります。

* by ちー
キルトジャパン、やっぱり発売日でしたよね?
いつも入荷されてる近所の本屋さんへ行ったらなかったので、
あれ?来月だったっけ…と思ってました(苦笑)
とうとう入荷しなくなってしまったのかと複雑です。

それはさておき。新たなイベントがあるのですね~。
東京の会期が、ちょうど、今年「オータムマーケット」を開催した時期なので、
あれはやっぱり、今年1年限りの催しになっちゃうのかも…なんて思ってます。
キルト&ステッチだと、幅広い層が楽しめそうですね♪

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

あれ?東京なのに入荷が遅れているってことはなさそうですしね。
そんなに売れないのでしょうか。出荷数を減らしたのでしょうか。
確かに複雑です。

業界としてやはり大きいイベントは必要なのでしょうね。
今年は急遽「オータムマーケット」でしたけど、結局ヴォーグが引き受けるということになったのかもしれませんね。
先日ちーさんがご覧になったようなステッチの大作を実際に目にすることは少ないので、《キルト&ステッチ》とても楽しみです♪
ヴォーグがやってくれるからこそのような気がしています。

寡聞にして知らないのですけれど、なぜP通信社が倒産することになったのか、その原因は突き止められているのでしょうか。
"債権者集会"には行っていないのですけれど、きちんと分析されたのか気になります。
2015-12-07 * UN [ 編集 ]

キルトジャパン、やっぱり発売日でしたよね?
いつも入荷されてる近所の本屋さんへ行ったらなかったので、
あれ?来月だったっけ…と思ってました(苦笑)
とうとう入荷しなくなってしまったのかと複雑です。

それはさておき。新たなイベントがあるのですね~。
東京の会期が、ちょうど、今年「オータムマーケット」を開催した時期なので、
あれはやっぱり、今年1年限りの催しになっちゃうのかも…なんて思ってます。
キルト&ステッチだと、幅広い層が楽しめそうですね♪
2015-12-06 * ちー [ 編集 ]