* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  百花繚乱 中国リアリズムの煌めき

百花繚乱 中国リアリズムの煌めき

img328.jpg  img329.jpg
img330.jpgimg331.jpg

百花繚乱 中国リアリズムの煌めき @奈良県立美術館 を(秋雨前線をかいくぐって)見てきました。(帰り道で土砂降り!)

5年に一度開催されている政府主催の「全国美術展」の入賞作品の中から選ばれて世界巡回されている作品展です。

いやいや素晴らしい!❤

確かに昔から素晴らしい水墨画の伝統があることは重々知ってはいましたけれど、現代の作品がこんなに緻密でバリエーションがあり(現在の大気汚染の絵まで)、惹きつけられるなんて!

妙にとんがった作品もなく、ほんとうに力作ぞろいで観ていて感心するばかり♪

実は招待券をいただいたのでお義理でひとまわりするつもりで出かけたんですけど、うれしい驚きでした。

img337.jpg 図録も購入


ぜひ、いらしてみてくださいな♪

百花繚乱 中国リアリズムの煌めき

 1949年の中国建国以来、5年に一度開催されてきた政府主催の「全国美術展」。数万点の応募の中から部門毎に受賞した約600点が受賞作品展として北京の中国美術館で展示され、その後、さらに厳選された受賞優秀作品が「現代中国の美術」として日本や韓国。欧米を巡回します。
 本展は、昨年末第12回目を迎えた「全国美術展」から選抜された受賞優秀作品76点を紹介するもので、伝統的な中国画や漆画をはじめ、油彩画や版画、そして水彩画やパステル画、さらには立体やアニメなどバラエティに富む作品群で構成されています。
 とりわけ今回の注目は「驚異のリアリズム」です。2㍍を超える大画面に雄大な自然や、都市の空間、そして人々の暮らしなどが圧倒的な描写力で描かれ、多民族国家を象徴するような多様な価値観と美意識が反映されています。まさに現代中国美術のパワー全開、百花繚乱の美の世界をご堪能いただき絶好の機会となるでしょう。
 本展を通じて、日中の文化交流と友好関係の絆がさらに深まれば、主催者として望外の喜びです。


2015年8月18日~2015年9月23日9:00~17:00
奈良県立美術館





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する