* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代」

「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代」

暑中お見舞い申し上げます

朝から30℃越えの今日この頃、いかがお過ごしですか~??
最高気温は体温超え・・・

いつの間にやら7月が終わり・・・世は8月(-_-;)
ほ~~んとに暑いので、何も(読書でさえ)する気にならず・・・
   ぼーっとしていたわけではなく、 で遊んでいたのですが、ぼーっとしていた方がまし??だったかも(笑)

数少ない最近読んだ本の中から
長いこと"主婦"をやっていて、いろいろな "料理研究家" のレシピを参考にしてきたけれど、その個人的&時代的な背景については全く無頓着で、な~るほどと思うことも数多く、"主婦"はいちおう目を通しても面白いと思い、ここでご紹介。



小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)

本邦初の料理研究家論ということでなかなか確かに目の付けどころがgood!
「小林カツ代と栗原はるみ」を表題に置いているけれど、それはアイキャッチを主眼に置いているだけなのでしょう。
戦後の"料理研究家"を網羅した内容になっていて、実に懐かしいお名前を久しぶりに拝見したり、最近ブログを気に入っている山本ゆりさんにまで言及されていたり。
抜けているなぁと思うお名前もあり、論もこじつけていると思う個所もあり、まだ研究途上なのかもしれませんが、とりあえず資料を集めまくった労作です。

なにせ《きょうの料理》が始まったのが1957年だそうで、その歴史は私自身と等しい・・・(@_@;)
自分が見ていない時代も、親が見てましたからねぇ。(ここ20年くらいは見る習慣が無くなりましたが)
若いころ土井勝さんの料理学校には通っていました。
でもなぜか息子の土井善晴さんのことはつい最近まで知らなかったり・・・
個人的にもいろいろ感慨はあります。

この暑さでは台所で長く過ごしたくは無いけれど、エアークッキングはいかが?

小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)
家庭料理の〝革命家〟と〝カリスマ〟の魅力に迫る、本邦初の料理研究家論!
テレビや雑誌などでレシピを紹介し、家庭の食卓をリードしてきた料理研究家たち。彼女・彼らの歴史は、そのまま日本人の暮らしの現代史である。
その革命的時短料理で「働く女性の味方」となった小林カツ代、多彩なレシピで「主婦のカリスマ」となった栗原はるみ、さらに飯田深雪、土井勝、辰巳芳子、有元葉子、高山なおみ、ケンタロウ、コウケンテツ……。百花繚乱の料理研究家を分析すれば、家庭料理や女性の生き方の変遷が見えてくる。これまで誰も語らなかった料理研究家論。

【目次】

プロローグ――ドラマ『ごちそうさん』と料理研究家

第一章 憧れの外国料理 
(1)高度成長期の西洋料理――江上トミ、飯田深雪
(2)一九八〇年代のファンシーな料理――入江麻木、城戸崎愛
(3)平成のセレブ料理研究家――有元葉子
【料理再現コラム1】『入江麻木の「なすのムサカ」

第二章 小林カツ代の革命
(1)女性作家の時短料理術
(2)小林カツ代と「女性の時代」
(3)カツ代レシピを解読する
(4)息子、ケンタロウの登場
【料理再現コラム2】 小林カツ代の「栗ご飯」

第三章 カリスマの栗原はるみ
(1)平成共働き世代
(2)はるみレシピの魅力
(3)あえて名乗る「主婦」
(4)最後の主婦論争
【料理再現コラム3】 栗原はるみの「にんじんとツナのサラダ」

第四章 和食指導の系譜
(1)昭和のおふくろの味――土井勝、土井善晴、村上昭子
(2)辰巳芳子の存在感――辰巳浜子・辰巳芳子
【料理再現コラム4】 土井勝の「栗と鶏肉の煮もの」

第五章 平成「男子」の料理研究家――ケンタロウ・栗原心平・コウケンテツ
【料理再現コラム5】 ケンタロウの「焼き厚揚げのオイスターソース」

エピローグ――プロが教える料理 高山なおみ




関連記事
ちーさんへ * by UN
もう図書館に入っているんですねぇ。早い~!
38人待ちとは・・・私が知らなかっただけで、みなさんご存じだったのかなぁ。
気長に待ってご一読くださいなぁ。

ケンタロウさん、ちょっと(だけ)回復傾向にあるというような報道を目にしたことがありますが、復帰などはとてもとてものようです。
確かお母様には事故のことは知らせなかったのでは。もちろんお母様が亡くなられたことも・・・
バイク事故ってほんとうに怖い・・・
ケンタロウさんの事故がなければ栗原心平さんがお出になるはずもなかったようで、人生いろいろですねぇ。

* by ちー
面白そうな本を読まれましたね♪
興味を持って、早速、図書館で予約を入れましたが、38人待ち(笑)
気長に待とうかなと思います。

そう言えば、ケンタロウさんって、バイク事故で大怪我されましたよね。
その後、どうされたんでしょうね…。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

もう図書館に入っているんですねぇ。早い~!
38人待ちとは・・・私が知らなかっただけで、みなさんご存じだったのかなぁ。
気長に待ってご一読くださいなぁ。

ケンタロウさん、ちょっと(だけ)回復傾向にあるというような報道を目にしたことがありますが、復帰などはとてもとてものようです。
確かお母様には事故のことは知らせなかったのでは。もちろんお母様が亡くなられたことも・・・
バイク事故ってほんとうに怖い・・・
ケンタロウさんの事故がなければ栗原心平さんがお出になるはずもなかったようで、人生いろいろですねぇ。
2015-08-04 * UN [ 編集 ]

面白そうな本を読まれましたね♪
興味を持って、早速、図書館で予約を入れましたが、38人待ち(笑)
気長に待とうかなと思います。

そう言えば、ケンタロウさんって、バイク事故で大怪我されましたよね。
その後、どうされたんでしょうね…。
2015-08-03 * ちー [ 編集 ]