* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  マグリットあれこれ

マグリットあれこれ

このところ、"新聞を読む"という(本来)ルーチンワークを怠っているのだけれど、昨夜たまたま夕刊を見てびっくり! →記事画像@朝日新聞デジタル

なんと大阪万博(1970年)の「せんい館」で展示されていた四谷シモンさん作の2mの人形「ルネ・マグリットの男」の一体が、今も平野のテーラーの店頭に飾られているのだそう❤(のお気に入りの山高帽の男です)

大阪市平野区平野上町の元テーラーの店先に、身の丈2メートルを超える人形がいる。これ、1970年の大阪万博の「遺産」なのだ。美術家の横尾忠則さん(79)が建物を構想し繊維業界の団体が出展した「せんい館」で、来場者を出迎えた十数体の「ルネ・マグリットの男」のうちの1体。人形作家の四谷シモンさん(71)がデザインした。  云々


いやぁ、すごい僥倖! (タイムリーにも今見たことも)



で、この記事をネットで探していてついでに見つけたのが

 《マグリット展》が臨時休館…京都市美術館  の記事

展示室内の湿度を制御する空調装置が故障し、作品を保護するため28日から休館しているのだそう。

「マグリット展」は、臨時休館中です。 展示室内の湿度を制御する空調装置が故障し、 作品を保護するためです。 再開時期は未定ですが、情報は追ってお知らせします。 ご 迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げ ます。


再開時期は未定だそうですけれど、いらっしゃる方は公式サイト等でご確認くださいね~!

会期が長いので(~10月12日)まだ大丈夫だとは思いますけど、欧米人のゲストも多かったので周知は徹底しているのかなとちょっと心配(-_-;)
まぁ、京都市美術館、古い建物ですけれどねぇ。
早く修復できますように!

【追記】
8月1日~再開だそうです。
早めに直ってよかった、よかった❤

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する