* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  京都国立博物館 平成知新館

京都国立博物館 平成知新館

 mini_150428_11290001.jpg mini_150428_1129.jpg

長い間工事していましたけど、昨年(2014)9月本館の左横(北側)にできた 京都国立博物館 平成知新館 です。

京都国立博物館 平成知新館

設計は、ニューヨーク近代美術館 新館、東京国立博物館 法隆寺宝物館、豊田市美術館などを手がけた世界的建築家、谷口吉生氏です。日本的な空間構成を取り入れた直線を基本とする展示空間では、収蔵品を中心に京文化の神髄をゆっくり楽しんでいただけます。また、開放的なロビーに降りそそぐ陽光は訪れる方々をやさしく包んでくれることでしょう。さらに、展示室全体を守る免震構造、最新の映像設備を誇る講堂、庭を眺望できるレストランなど、新しい魅力に満ちた展示館となっています。

フロアーマップ PDF


室が分かれていて、名品の展示を行っています。
 3階  陶磁 考古
 2階  絵巻 仏画 中世絵画 近世絵画 中国絵画
 1階  彫刻 書跡 染織 金工 漆工 

考古の室には私の大好きな火焔土器(縄文時代)もありました❤

中世絵画の室では『禅宗の人物画』がテーマで(展示期間:4/14-5/10)
雪舟の「慧可断臂図」(国宝)とか元信の「浄瓶踢倒図」 (国宝)とか❤

近世絵画の展示テーマは、ずばり「狩野永徳と長谷川等伯」で(展示期間:4/14-5/10)
永徳の「花鳥図押絵貼屏風」と「仙人高士図屏風」(重文)
等伯の「天神像」と「波濤図」(重文) 
  ちなみに5/12-6/7は「曾我蕭白―醜美と優美」

見応えがありました❤

mini_150428_1215.jpg 1Fの廊下から外を見る




併設されたレストラン「ザ・ミューゼス The Muses」はお向かいのハイアットリージェンシーホテルの経営で
ザ・ミューゼスランチをいただきました。
mini_150428_1248.jpg mini_150428_1250.jpg
mini_150428_1309.jpg mini_150428_1318.jpg


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する