* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  パッチワーク通信 2015年 6 月号

パッチワーク通信 2015年 6 月号

パッチワーク通信 2015年 6 月号です。
年間購読、2日遅れで到着。

特集は「赤毛のアン」
みんな大好きな赤毛のアンだけれど"キルトにするにはムリクリ感がでるのよねぇ、きっと"と危惧していたら・・・案の定・・・。
それぞれの作品はステキでも、寄せ集めたときに統一感が出るかというと・・・

ダウントン・アビー、番宣でちょっと見ただけなのですけれど、皆さまよくご覧になるの?

ファスナー、最近はほんとうにいろいろ出ていて、楽しいですね❤

パッチワーク通信 2015年 6 月号

『「赤毛のアン」の物語』スペシャル特集号は2部構成。
第1章の「大人のためのアンの手作り」では、物語をイメージしたたくさんの作品を提案。
第2章は現地取材「アンの舞台 プリンスエドワード島キルト紀行」です。
アンの世界観あふれる一冊は永久保存版になるでしょう。

他、「春にほしいファスナーポーチ」「蜷川宏子さんの八角つなぎ」などの特集も見逃せません。またイギリスの大人気テレビドラマ「ダウントンアビー」がテーマの新連載「マンスリーパターン&優雅な小物」をこうの早苗さんが1年間担当します。どの記事も見逃せない春の号です!

(主な内容)
スペシャル『「赤毛のアン」の物語』第1章:大人のためのアンの手作り/第2章:アンの舞台 プリンスエドワード島キルト紀行」

特集「蜷川宏子さんの八角つなぎの花園」

特集「春にほしいファスナーポーチ」

新連載「ダウントンアビー マンスリーパターン&優雅な小物」こうの早苗

好評連載中
「斉藤謠子のミステリーキルト」
「ひびのこづえのある一日」
「アニマル in バッグ」




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する