* AtelierUNな毎日 *

 >  美術展関連 >  特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉

特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・・今日で3月もお終い。
百花繚乱、桜も見に行きたいし・・・
明日からはしばらく雨模様の予報。
で、本日急遽神戸まで遠征・・・。
黄砂たっぷりの強風なのでマスクしっかり!

img278.jpg img277.jpg

特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉 です。@兵庫県立美術館

実は井上雄彦さんって知らなくて(スラムダンクを描いた人らしい)、神戸は遠いし(駅からも遠いし)行く気がなかったのですけれど、↓の Casa BRUTUS特別編集 ガウディと井上雄彦を見たら割と深そうだったので行ってきました。

ガウディの図面や模型がたくさん見られて、見応え充分。
よかったですよ~❤
卒業設計の《大学講堂》の図面なんて感激!

格子なんかじゃなくて、こういう自然に即した(一見)自由なラインっていいですよねぇ。(って学生の頃はフランク・ロイド・ライトの直線に憧れてたんですけどね(・・;))

ガウディはドアや椅子などのデザインもしているのですが、実際に椅子に座ってみられたり・・・

(ガウディ設計・世界遺産なのに一般人が居住している)カサ・ミラに実際に住んで、ガウディの世界を堪能したい!

完成したサクラダファミリアをガウディが見たら、どう思うだろうか?
その問いの答えを聞くのは・・・・・・・ちょっと怖い・・・

井上雄彦さんの絵も好きです。
写真よりイラストの方がよくわかるというところもありますし。
今後の活動も注目していたいと思います。

ガウディが好きな方、建築に興味のある方はぜひいらしてみてくださいな。
5月24日までです。
それを逃したら仙台で2015年6月3日(水)~7月12日(日) @せんだいメディアテーク 6階ギャラリー

特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉

 アントニ・ガウディは、19世紀~20世紀にかけてバルセロナを中心に活動した建築家。代表作サグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園、カサ・ミラなど、世界遺産にも登録される数々の独創的な作品を遺しました。動きのある曲線、あふれる色彩、大胆かつ画期的、といった言葉で形容されることの多いガウディの建築はは、ほかのどの様式にも完全に属することのない唯一無二の存在として知られ、世界中の人々を魅了してやみません。
 一方、井上雄彦は、国内発行部数が1億部を突破した『SLAM DUNK』をはじめ、『バガボンド』『リアル』など国民的な人気漫画作品の作者。近年は個展「井上雄彦 最後のマンガ展」や京都・東本願寺に描いた親鸞の屏風絵など、漫画家の枠におさまらない活動も反響を呼んでいます。その人気は海外でも高く、2013年12月には「日本スペイン交流400周年」の親善大使に任命されるにいたりました。
 本展では、 カタルーニャ工科大学建築学部ガウディ記念講座やサグラダ・ファミリア等の各関係機関より出品されるガウディ自筆のスケッチや図面をはじめ、大型の建築模型やガウディがデザインした家具など、貴重な資料約100点を通して巨匠ガウディの偉業を紹介するとともに、井上雄彦が描き下ろした約40点の作品により、彼の人間像とその物語に迫ります。また、バルセロナで撮影された美しい映像、プロジェクション・マッピングによる演出、建築構造のインスタレーション等の展示も行います。建築家・ガウディと漫画家・井上雄彦、異なるジャンルで日西を代表する二人のアーティストによる時空を超えたコラボレーションをぜひご堪能ください。

みどころ1 ガウディと井上雄彦 またとない夢のコラボレーション
スペインを代表する建築家、アントニ・ガウディと日本を代表する漫画家、井上雄彦。
それぞれが唯一無二の魅力を放つ、二人のアーティストが奏でる夢のコラボレーションが実現します。
これまで、ガウディに関する展覧会は日本を含む各国で幾度となく開催されてきましたが、漫画家との共演はもちろん今回が初めて。
展示空間にひろがる新しいかたちの化学反応にご期待ください。

みどころ2 ガウディってどんな人? 展示で感じる、ガウディの偉業とその人間像
スペインのガウディの専門機関が所蔵する貴重な資料約100件の出品のほか、井上雄彦作の画や物語により創りだされるガウディ・ワールド、 本展のためにバルセロナで撮影された美しい映像、プロジェクション・マッピングによる演出、床への装飾、 建築構造のインスタレーション等、展示空間は大胆に展開していきます。
各作品の鑑賞のみにとどまらない多様な展示手法を通して、より深いガウディ像があぶり出されます。

みどころ3 井上雄彦 すべて描きおろす
今回、井上雄彦が出品する作品約40点は、世界最大級の手漉き和紙に描かれる墨絵を含め、本展覧会のために描き下ろされるものです。
実際に現地バルセロナに滞在し、ガウディの建築作品で世界遺産にも登録されているカサ・ミラ内にアトリエをかまえ、制作活動を進めます。
井上雄彦の視点と類いまれな創造力によりガウディの世界を解釈し、 創りだされる作品群はガウディの内面にせまるものとなるでしょう。

<プロフィール>
アントニ・ガウディ
スペイン、カタルーニャ出身の建築家。
19世紀から20世紀にかけてモデルニスモ(スペインにおけるアール・ヌーヴォー)期にバルセロナを中心に活動。1883年、主任建築家に就任以来、没するまでその生涯を捧げたサグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園、カサ・ミラなどの作品群が世界遺産に登録されている。現在も建設が進められているサグラダ・ファミリアは、ガウディ没後100年にあたる2026年に完成予定。

井上雄彦
漫画家。代表作に国内発行部数1億部を突破した「SLAM DUNK」、連載中の「リアル」、「バガボンド」がある。文化庁芸術選奨新人賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞など受賞多数。美術館全体を使った「井上雄彦 最後のマンガ展」、真宗大谷派東本願寺へ描き下ろした屏風絵「親鸞」の制作など、これまでの漫画家の枠を超えた活動も反響を呼んでいる。2013年12月、「2013-2014日本スペイン交流400周年」の親善大使に就任。

2015年3月21日(土)〜5月24日(日) 月曜休館、ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日は休館
10:00〜18:00(入館は閉館時間の30分前まで)
兵庫県立美術館ギャラリー棟3階 神戸市中央区脇浜海岸通 1-1-1[HAT神戸内]
東京金沢長崎、神戸、仙台、計5都市を巡回中。


この兵庫県立美術館、いつも思うのですが、(安藤忠雄さんの設計で)建築物として見たらカッコいいのですが、非常にわかりにくくてエスカレーターは無く、エレヴェーターの位置は悪く、無駄に歩く距離&階段が多くて疲れる!!
つい案内のお姉さんに愚痴ったら「そうですよねぇ。よく言われます。すみません」とのこと。
いえいえ、お姉さんのせいではありません。
だいたい案内が立たなければわからない動線ってどうよ??

おかげでついでに行こうと思っていたホドラー展には結局行けず。(今週いっぱい)
美術館としてはホドラー展がメインで、こちらはサブ扱いですが・・・(・・;)

そのくせ館内レストランで「日本・スイス国交樹立150 周年記念 フェルディナント・ホドラー展」記念メニューをいただいてきました(・・;)
スイス風なのかな。
mini_150331_1155.jpg mini_150331_1200.jpg
左:アミューズ(麦のスープと鶏ハムとコーンのなんちゃら)
右:鱈とじゃがいものラクレットチーズ焼 ケッパーと焦がしバターのソース


mini_150331_13230001.jpg ガウディ風破砕タイルで窓に絵を描く
 そのシールが売ってたのでつい買う(・・;)





予習はこちらで

 

 Casa BRUTUS特別編集 ガウディと井上雄彦

THE GAUDI PILGRIMAGE with Takehiko Inoue
ガウディと井上雄彦。

誰もが一度は見たいと憧れる〈サグラダ・ファミリア〉を遺したガウディ、
『スラムダンク』『バガボンド』など国民的名作で知られる井上雄彦。
異なる時代の創造がシンクロする展覧会が2014年7月から始まりました。
そこで、ガウディ巡礼の地バルセロナから日本各地のミュージアムまで、2人の偉大な建築家と漫画家の創造の軌跡を追いかけます。
特別付録ガウディ×井上雄彦「創作ノート」「イラストシート」付きです!


●特別展 ガウディ×井上雄彦。

●井上雄彦とガウディ巡礼。
・サグラダ・ファミリアの謎
・アントニ・ガウディって何者?
・カサ・ミラ
・カサ・バトリョ
・エウゼビ・グエルって誰?
・グエル邸
・グエル公園
・コロニア・グエル教会

●井上雄彦さん、ガウディのなにを描いたのですか?

●日本のガウディ、今井兼次。

●拝啓、井上雄彦先生。

●背景、ガウディ先生。

●コルビュジエとガウディ。

●初期傑作選。

●ガウディ建築が15分でわかる!

●レストランからホテル、お土産まで、最新バルセロナ案内。

●特別付録ガウディ×井上雄彦「創作ノート」&「イラストシート」

and more…




関連記事
ちーさんへ * by UN
あー それは惜しかったですねぇ。
東京ってスタートのことが多いので気づけば遅いってことも多いかもしれませんねぇ。

だいだい東京は展示会やら演劇やら音楽やらいろいろなイベントが多すぎて、なかなか気づいても全部は行けない・・・になりそうです。
年を取ったら東京に住んで、様々なイベントに行き倒すというのが希望でしたけど、体力的にムリかもという気もしなくもない・・・
昨日もホドラー展もですけれど、ティム・バートン展も行く気だったのですよ、実は。σ(・・;)
出直さなくては・・・

* by ちー
面白そうな展示をご覧になられましたね~。
見たい!と思ったのですが、東京は去年夏だったようで…。
残念です。

もうちょっといろいろアンテナを張って情報収集しないと…と思いました。
見逃すものが多すぎます(笑)

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

あー それは惜しかったですねぇ。
東京ってスタートのことが多いので気づけば遅いってことも多いかもしれませんねぇ。

だいだい東京は展示会やら演劇やら音楽やらいろいろなイベントが多すぎて、なかなか気づいても全部は行けない・・・になりそうです。
年を取ったら東京に住んで、様々なイベントに行き倒すというのが希望でしたけど、体力的にムリかもという気もしなくもない・・・
昨日もホドラー展もですけれど、ティム・バートン展も行く気だったのですよ、実は。σ(・・;)
出直さなくては・・・
2015-04-01 * UN [ 編集 ]

面白そうな展示をご覧になられましたね~。
見たい!と思ったのですが、東京は去年夏だったようで…。
残念です。

もうちょっといろいろアンテナを張って情報収集しないと…と思いました。
見逃すものが多すぎます(笑)
2015-04-01 * ちー [ 編集 ]