* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts

15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts

キルトジャパン2015年1月号に掲載されていたご本です。(p56~p59)
今月あちこちで著者Victoria Findlay Wolfeさんのワークショップが開かれて参加されていた様子を拝見して、本だけでもと思い購入しました。(もっと時間がかかると思っていたけど、20日にUKに注文して今日27日に到着しました(^^)v)

15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts: Made-Fabric Piecing, Traditional Blocks, Scrap Challenges

余った布や好みじゃない布をどう使うか、15 Minutes of Play=即興で作るっていうのがポイントなのでしょうけれど

元々スクラップ布を使うのは日本では一般的ですよねぇ。
このやり方、特に新しくもないのではないかしら?↓

そして、色彩感覚が私の好みではなかったかなぁ。
まぁ、アメリカ人ですからね(・・;)

裁ちクズをバサバサ捨てちゃうアメリカ人向けの本だと思う・・・。
ん~・・・ちょっと残念。

15 Minutes of Play -- Improvisational Quilts: Made-Fabric Piecing, Traditional Blocks, Scrap Challenges

Victoria recommends setting aside 15 minutes everyday to be creative and to play. Her idea of play is to freely sew to make "fabric" out of small scraps. Her made-fabric used in traditional blocks gives the blocks a modern look. If the reader has forgotten how to play, the book includes 11 challenges that are designed to loosen up the creative inner child.--Stevii Graves, Journal of the International Quilt Association, July 2010 "International Quilt Association Journal, May 28, 2013 "



00361.jpg
 このリュック、大昔に作ったものですけど
 このストリングスターは斉藤先生のご本に出ていたやり方で
 当時(ミシンで縫えば速いなぁって思いながら)手で縫いましたけど
 要は同じやり方なのでは??





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する