* AtelierUNな毎日 *

PUNK



すてきなもの見つけました!!!

     PUNK  JUNKO OKI

沖潤子さんとおっしゃる方の刺繡作品集なのですけれど、

ぜんぜん手芸じゃないの。

アートなのです。

mini_150117_0851.jpgこういう自由さ(いいかげんさ?)って大好き❤

装丁も凝っていて 函入りで、背は糸かがり、そのおかげで全ページちゃんと開く!
いやぁ、うれしい

でもね、版元でこの函にシュリンク(プラスティックフィルム)がかけられていると、本屋さんで中身が想像できないと思うのですが・・・手にとって見てもらえない・・・


・沖潤子さんのサイトは こちら
・インタビューは こちら @本の話web 


 PUNK JUNKO OKI

おびただしい数の針目が、ページを埋め尽くす! 世界中から注文が殺到する沖潤子の刺繡作品をオールカラーで紹介。巻末には本人による115の作品解説を収録する。

フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、アメリカ、台湾……
世界中の目利き達が絶賛!
アート界、ファッション界にも熱狂的ファンをもち、
作品のオファーが殺到中の刺繍アーティスト・沖潤子。
待望の、初・作品集刊行。
おびただしい針目が、ページを埋め尽くす!

4000枚にのぼる写真から、オールカラーでこの十余年の作品を網羅。
巻末には本人による115の作品解説を収録。(すべて英文も掲載)
A4サイズ、256ページ、背は糸かがり、
濃紺地に金の箔をほどこした函入り
という沖作品とリンクした造本も、ぜひその目で見て、触って、確かめてください。

パンクとは、わかりやすく表面に顕れているポーズのことを指すのではなく、
何食わぬ顔をして常識的に社会生活を送っている人の中にもある矜持のようなもの、
これだけは誰にも屈さずに守り通さなくてはならないというもの。
心になんらかの種火を持つすべての方にとって、必見の一冊です。

沖 潤子(おき・じゅんこ)
2002年、母が残した布に針と糸で自己流の刺繍を始める。高密度の絵画的刺繍はファッションデザイナーや写真家、芸術家たちを熱烈に惹きつけ、ARTS&SCIENCE青山、ギャラリーフェブ、DEE'S HALL、COW BOOKS等で次々と個展を開催。国内外で絶賛される。自費出版した「poesy」「culte a la carte」などの作品集はすべて売り切れとなった今も、幻の私家版として大きな話題となっている。

「PUNK」出版フェア  
1月10日(土)~1月23日(金) 
恵文社一乗寺店  (京都)
● gallery's eye に参加 
2月13日(金)~2月15日(日)
 gallery's eye (東京)
●「PUNK」刊行記念展  2月20日(金)~2月24日(火) DEE'S HALL (東京)
●「PUNK」刊行記念展  3月27日(金)~3月31日(火) MORIS (神戸)




Read More

Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn't do than by the ones you did do. So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.    Mark Twain

今から20年後、あなたはやったことよりやらなかったことに失望する。

ゆえに、舫網を解き放ち、安全な場から船を出し、

貿易風に帆をとらえよ。 探検し、夢を見、発見せよ。

                           マーク・トウェイン 

      ↑
   沖潤子さんがサイトに書かれている(トム・ソーヤーの)マーク・トウェインのことばです。
   ( ̄へ ̄|||) フーム 彼岸と此岸の差はこの辺だろうなぁ。
   "20年後"は有りや無しや。かろうじて有るか?? σ(・・;)


関連記事

Return

コメント






管理者にだけ表示を許可する