* AtelierUNな毎日 *

 >  観劇・音楽 など >  ラ・マンチャの男 >  ラ・マンチャの男 @DVD

ラ・マンチャの男 @DVD

ラ・マンチャの男 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『<ストーリー>
舞台は中世のスペイン。売れない作家セルバンテスは大道で芝居を演じていたところ突然投獄されてしまう。芝居の内容がカトリック教会を冒涜した、というのだ。牢獄で彼を出迎えたのはセルバンテスの所持品を身ぐるみ剥がそうと手をこまねく囚人達・・・。しかしセルバンテスは自分の書いた脚本だけは必死に守ろうとする。その脚本とは永遠の理想(と希望の騎士「ドン・キ・ホーテ」についての物語だった。脚本を守るために彼は囚人達を巻き込んで牢獄内で演劇を始めるのだった。泥棒、人殺し――「ドン・キ・ホーテ」が愛と信念を貫くその物語は人間のクズである囚人達をも次第に変えていくのだった・・・。

<キャスト&スタッフ>
セルバンテス… ピーター・オトゥール
アルドンサ…ソフィア・ローレン
マンセルバント…ジェームズ・ココ
牢名主…ハリー・アンドリュース
ペドロ…ブライアン・ブレッスド

監督・製作: アーサー・ヒラー
原作・脚本: デイル・ワッサーマン
撮影: ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽: ミッチ・リイ/ジョー・ダリオン
音楽監督: ローレンス・ローゼンタール
●字幕翻訳:菊地浩司 ●吹替翻訳:佐藤一公』



昨日の観劇の興奮さめやらず、さっそくDVDを入手。

舞台そのまま風に記録した部分と、映画になっている部分とがあって・・・微妙・・・。
でも「The Impossible Dream 見果てぬ夢」は何回聞いてもなんだか泣ける・・・。(YouTube)
ピーター・オトゥールも悪くはないのだけれど、声がちょっと高い?

幸四郎さんの方がセリフと自然でいいなぁ。
40年前にNYで評判がよかったということがよくわかりました。
松たか子さん、ソフィア・ローレンに負けてない(*^^)v

幸四郎さんのDVDは・・・ない・・・非常に残念。
せめてサントラ盤のCDでもあればいいのになぁ。
「ラ・マンチャの男」と「見果てぬ夢」だけは『市川染五郎(六代目)』というCDにあるのを見つけましたけど、英語。

松竹でシネマ歌舞伎は次々にに出されているのだけれど、東宝さんも映像に残すということも考えてもらえないかなぁ。
森重久弥さんの「屋根の上のバイオリン弾き」とかオリジナルの「レ・ミゼ」とか伝説の舞台も観たいと思うのだけど・・・。




 ↓めっちゃ若い(1971年)。七代目よりいい男?ヾ(・・ )ォィォィ

市川染五郎(紙ジャケット仕様)
市川染五郎(六代目)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

このアイテムの詳細を見る
名盤プレミアムシリーズの第3弾~フォーク・カレッジポップス編~紙ジャケ復刻20タイトル 生産限定商品 ●当時のジャケットを忠実に再現!●オリジナルLP帯復刻!
オリジナル発売日:1970年12月21日
6代目市川染五郎(現・松本幸四郎)が発表した唯一のアルバム。自身で作詞作曲した大ヒット曲「野バラ咲く路」ほか、現在も公演されている「ラ・マンチャの男」も収録。若き日の染五郎の歌声が聞ける!
初CD化。

1. ラ・マンチャの男
2. 野バラ咲く道
3. みんなの灯
4. 聞いておくれ僕の願い
5. 雪の中の二人
6. おれの夜明け
7. S.O.S(サウンド・オブ・ソメゴロー)
8. 二人肩よせ
9. 花びらの中に
10. しょうがないさ
11. マイ・トレアドール
12. 見果てぬ夢    』



買ってしまいました(・・;)


「野バラ咲く路」・・・大ヒットしたそうですけど・・・知らなかったなぁ。


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する