* AtelierUNな毎日 *

 >  建築 >  神戸洋館ツアー

神戸洋館ツアー

古代エジプト展↓の神戸市博物館もすてきな洋館ですけれど、まだ全景を撮ったことがなかった気がする・・・
ちょっと振り返って撮ってくればよかった(・・;)

気を取り直して
旧神戸居留地十五番館 旧アメリカ合衆国領事館
旧神戸居留地に唯一現存する居留地時代(1868年~1899年)の建築物で、国の重要文化財。
2階の南面にベランダをもつコロニアルスタイルで、柱頭飾りのある柱列が印象的でステキ!
mini_141128_1330.jpg mini_141128_1331.jpg
mini_141128_1328.jpg  mini_141128_13280001.jpg

 内部はレストラン(Read More↓)


神戸税関
昭和2年3月に完成した二代目庁舎の姿をそのまま引継ぎ、平成8年4月に着工、平成11年3月に落成。
船みたいに見せたかったみたいで、それなら納得。現在補修工事?中。
mini_141128_14360002.jpg mini_141128_1419.jpg

 広報展示室があって、内部見学ができたのだそうで、惜しかったなぁ。
 情報不足でした(・・;)



新港貿易会館(登録有形文化財)
1930年築。外壁はスクラッチタイル貼で、十字路に面した西南隅に出入口を開く。
幾何学図形やアールデコ風の装飾など新しい意匠を巧みに取り入れた独創的な事務所ビル。
mini_141128_1424.jpg SN3S2558 (2)
mini_141128_14250001.jpg 1_2014112822063880d.jpg


旧神戸市立生糸検査所
1927年に輸出生糸の品質検査を行う施設として建設(旧館) ゴシックが新鮮。
1932年に国に移管し、国立生糸検査所(新館)が東に建て増しされた。
mini_141128_1425.jpg mini_141128_1421.jpg
右奥に見えているのは旧国立生糸検査所(1932年築)だったようで、ちゃんと見てくれば良かった

デザインクリエイティブセンター神戸 略称KIITO
2012年2棟の旧生糸検査所を改修して開館
生糸検査所ギャラリー 神戸港の生糸の輸出が最盛期を迎えた当時(大正から昭和初期にかけて)の資料を2Fにちょっとだけ展示
mini_141128_1429.jpg mini_141128_14290001.jpg
mini_141128_1433.jpg mini_141128_1430.jpg
なんだかいちおう残してますって感じで、当時の面影もなんもなし。神戸らしいと言えば神戸らしいですけどねぇ。


おまけ:国道174号:187.1 m(日本一短距離の国道) 神戸港~国道2号線との交差点まで
    紆余曲折はあったようですが…(・・;)
mini_141128_14180001.jpg SN3S2548.jpg
SN3S2549.jpg
          KIITO  新港貿易会館           税関


MAP
kobemap2.jpg


Read More

旧神戸居留地十五番館・内部は2012年~TOOTHTOOTH maison15thが営業しています。(以前は別のレストランでした)
メゾン15ランチコースをいただきました。
mini_141128_1253.jpg mini_141128_1258.jpg
mini_141128_1302.jpg mini_141128_1311.jpg
 鶏もも肉とひよこ豆・シシケバブのトマト煮込み


関連記事

Return
ちーさんへ * by UN
横浜も神戸も港町ですものねぇ。
瀟洒な洋館は駅の北の山側=北野地区に広がっているのですが、港側はお仕事空間ですね。
私も初めて行きました(・・;)

* by ちー
神戸も、素敵な建物がいっぱいですよね。
こうしてお写真で拝見すると、やはり、横浜と雰囲気が似ている部分もあるなぁ…と感じます。

コメント






管理者にだけ表示を許可する

ちーさんへ

横浜も神戸も港町ですものねぇ。
瀟洒な洋館は駅の北の山側=北野地区に広がっているのですが、港側はお仕事空間ですね。
私も初めて行きました(・・;)
2014-11-29 * UN [ 編集 ]

神戸も、素敵な建物がいっぱいですよね。
こうしてお写真で拝見すると、やはり、横浜と雰囲気が似ている部分もあるなぁ…と感じます。
2014-11-29 * ちー [ 編集 ]