* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの展覧会 >  三大手芸の祭典

三大手芸の祭典

img254.jpg img255.jpg
                           ↑画像はクリックすると大きくなります
三大手芸って何?って思いますよねぇ。

キルト・編物・刺しゅう  だそうです。

阪神百貨店 梅田本店で開かれた 三大手芸の祭典 を観てきました。

日本ヴォーグ社60周年特別企画だそうで、面白いこと考えましたねぇ。
キルト(30点)、編物(26点)、刺しゅう(37点)の展示です。

まず入った所が刺しゅう の森山多喜子さんと朝山制子さんの作品。
それが独創的で、実に素晴らしい❤  ので、混みあっていて前に進めない(笑)
手芸っていう段階ではなくて、絵筆を刺しゅう糸に置き換えて描いていらっしゃるのだと思います。

キルト は 有岡由利子・栄美子・戸田・ローブ・岡本洋子・片桐好子・河田明子・黒羽志寿子・升井紀子・宮谷真知子・深山実枝子・鷲沢玲子(敬称略)  &そのキルターの仲間たち 計30点の作品。
それぞれの先生方の作風で、それぞれステキでした。
(見る分には)鷲沢先生の作品が一番好きです❤

編みもの は《1950年代後半から1970年代前半にもっとも発展し、充実した時代を迎えた編物》ということで、当時の日本ヴォーグ社の本から忠実に再現したスーツやワンピース、ウエディングドレスなどを展示されています。
クラシカルなデザインですけれど、今の人たちには斬新に見えるかもしれませんね~♪


手芸マーケットで、OuiさんとFARM TOWNさんでちょっと(?) お買い物。
そのうち作品になるかも、ならないかも(・・;)

明日までです。お急ぎください。

キルト・編物・刺しゅう 三大手芸の祭典

日本ヴォーグ社創立60周年の特別企画として阪神梅田本店にて「キルト・編物・刺しゅう 三大手芸の祭典」が開催されます。
手芸の中で人気のあるパッチワークキルト、編物、刺しゅうの美しく芸術性の高い作品をご紹介、なかなかお目にかかることのない組み合わせの展示ですので、ぜひお誘いあわせのうえお越しください。

キルト●トップキルターと仲間たち30名:世界各国で活躍するトップキルターとその仲間たちが創り上げた芸術性の高い作品をご紹介します。
[出品キルター]有岡由利子・栄美子・戸田・ローブ・岡本洋子・片桐好子・河田明子・黒羽志寿子・升井紀子・宮谷真知子・深山実枝子・鷲沢玲子  &そのキルターの仲間たち

編物●モードとしての編物:1950年代後半から1970年代前半にもっとも発展し、充実した時代を迎えた編物。当時の日本ヴォーグ社の本から忠実に再現したスーツやワンピース、ウエディングドレスなどを展示いたします。

刺しゅう●森山多喜子・朝山制子の世界:作品の配色センスとオリジナリティがあふれる構図の素晴らしさをご堪能ください。


2014年11月12日(水)~18日(火)
阪神百貨店 梅田本店8階催場


[同時開催]手芸マーケット
アトリエしまの、アメリカンキルト柴田明美、ABCクラフト、キルトスタジオOui、キルトルームくうにん、心に美味しい京の店、コットンショップ浜、コットンハウスARIOKA、古布おざき、作エ門、ジョアン丸屋米子、竹あみ針と手芸用品のお店 趣芸、デコラーレ、布ふれんず、FARM TOWN、マーサ・キルティング・スタジオ、MASY、マテリアルリンク、Mix Jam by 円座佳代、ミウ・ミント・アロハ、レースのランタン企画、Keito






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する