* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  ストームグラス

ストームグラス

mini_141021_0959.jpg
ストームグラス、元々は19世紀のヨーロッパで使われた天気予報の道具だそうです。

先日花岡先生のブログに書かれていて、一目で欲しくなって(案外安かったので(笑))購入。

概ね樟脳をアルコールに溶かしたものらしく、その結晶が日々変化するところがオブジェとして非常にかわいい

毎日記録すれば天気予報ができる・・・ようになるかもしれない・・・

粗忽なヤツ=σ(・・;) が割らないことを祈りつつ・・・

『海底2万マイル』は子どもの頃の愛読書。
ストームグラスの登場は記憶にないけれど(子ども向けの翻訳を読んでいたので割愛されていたかも)、
ネモ船長と同じものを見ているなんて、ステキ


Perrocaliente テンポドロップ ミニ Tempo Drop Mini ストームグラス

天候の変化に応じて様々な表情の結晶化を繰り返す「ストームグラス」は19世紀ヨーロッパで主に航海時の天候予測器として使用されていました。樟脳を含む化学薬品の混合液をアルコールに溶かし、ガラス管に密封して作られています。
当時の英国政府は海難事故を防ぐため海軍の測量船ビーグル号の司令官ロバート・フィッツロイ提督が研究を進めていたフィッツロイ・バロメーターと呼ばれる水銀気圧計、温度計、ストームグラスをひと組にした計器を漁港に配備しました。
この計器は現在でも欧州の骨董屋などで見つけることができます。
ロバート・フィッツロイが1863年に出版した『Weather Book』ではストームグラスについての記述があり、この本の中でストームグラスが示唆する結晶化について、気温や気圧、大気中の電位変化に影響を受けて後の天候を予知する、また現象の変化によって雷雨がやってくる方向が読みとれるとも記述しています。
1870年にSF冒険小説家ジュール・ベルヌが発表した『海底2万マイル』の中で、新鋭潜水艦ノーチラス号の中にも設置されているストームグラスが登場します。
当時流行していたこの物語に取り上げられるほど、ストームグラスは人々の生活の身近にあったことが伺えます。
その後の科学の発展に伴い、実際には結晶化現象には謎が多いことがわかり、いまだ詳細は研究途上です。
現代では予測器としての実用は難しいですが、季節によって景色が変わるように日々変化する結晶の様子をお楽しみください。

【サイズ】(約)直径8×高さ11cm 
【重さ】約258g 
【素材】ガラス:硼珪酸ガラス/混合液:水、エタノール、天然樟脳、塩化アンモニウム、硝酸カリウム
【用途】結晶の鑑賞、ガラスのオブジェ(もともとは気象予報機器ストームグラス) 




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する