* AtelierUNな毎日 *

 >  ハンドメイド >  ハンドメイドの本 >  キルトジャパン2014年10月号 秋

キルトジャパン2014年10月号 秋

キルトジャパン2014年10月号 秋号です。
相変わらず総花的で見応えがないなとは思いながら、けっこう好みの作品がたくさんあったので、ま、いいか(笑)

アーミッシュ・・・昔からやりたいなぁと思いながらやったことないもの
確かに古くて新しい!
小さいの、作ってみようかなぁ。

クリスマスも小さいのなら・・・(笑)
小さくてかわいいパターンが揃っています(^^)v

街の手芸屋さん日記は砂川さんのsweetflap!
さりげない配色&デザインの提案がツボです。
(お近くだと日参してしまいそう❤)


・キルトジャパンweb → LINK


キルトジャパン2014年10月号 秋

秋号は「アーミッシュキルト」と「クリスマスのタペストリー」。どちらもこれから迎える季節にふさわしい、温かみのある針仕事です。少しずつ針を動かして秋を迎えましょう。その他にも読書の秋や、ハロウィンなど季節感のある作品の提案や、ミシンキルトなどのテクニック紹介のページもあり。新連載「タイポグラフィキルト」もスタートします。

特集 古くて新しい、アーミッシュ・キルト
ダークな色合いの無地布をシンプルにはぎ合わせるアーミッシュ・キルトは、華美な装飾をそぎ落したごくごくシンプルなキルトです。引き算されたデザインは、モダン・アートのようにも見えますが、ゆったりと刺したキルティングや、パターンの大らかさなど、素朴で針仕事らしい温かみが伝わってくるのが魅力です。懐かしさと新鮮さの両面を持つアーミッシュ・キルト。現代の暮らしに求められる一つのカタチではないでしょうか。

特集2 クリスマスのタペストリー
今年もクリスマスが近づいてきました。子供たちは心待ちにし、家族や友人が集まる特別な日です。楽しく迎えられるように、キルトでクリスマスムードを盛り上げましょう。今年は作りやすく、飾りやすいサイズのタペストリーを中心に、額やオーナメントなどの小ものをご紹介します。

新連載 タイポグラフィキルト

季節のキルト ハロウィンを楽しもう!

付録のオリジナル型紙で作るポーチ ― 吉澤美代子さん

つなぐ人― 三瓶清子

小関鈴子のモードなキルト

ケイフ・ファセットのシンプルキルト

キャシー中島の親子のキルト便り

東京キルト・パリキルト

街の手芸屋さん日記 ― 砂川さんのsweetflap

家庭用ミシンで作るミシンキルトレッスン
  Lesson15 タイル模様の秋色バッグ

スウィートなキルト

パリのインテリア・イデ― ~布と暮らすパリの人々~

今月のキルトギャラリー メダリオンキルト

針休めの針仕事

野口 光の世界の手仕事から


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する