* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  上高地 など >  上高地2014 ② 中の湯

上高地2014 ② 中の湯

mini_140908_0807.jpg1日目のお宿は「中の湯温泉旅館」です。

旧道(安房峠)沿いにある一軒宿の温泉です。
1915年(大正5年)に創業だそうですが、1998年安房トンネル工事が原因の水蒸気爆発により、安房峠途中の現在地へ移転。
なので建物等は新しい。

焼岳への登山基地として利用しました。
(上高地側からも登れるけど急傾斜でしんどいらしい


mini_140907_1542.jpg
 穂高連峰や霞沢岳が望めます。


SN3S2285.jpg



■源泉かけ流し、単純硫黄温泉

■男女別に内風呂・露天風呂が各1つずつ有り

■貸切り家族風呂、卜伝の湯(貸切外湯)も有り

夕食お品書き



中の湯温泉旅館

〒390-1516  長野県松本市安曇4467
TEL : 0263-95-2407
FAX : 0263-95-2514



SN3S2284.jpg
翌朝、中の湯でいただいた詳しいマップとお弁当を手に、夫と三男は焼岳登山へ。(上り3時間強、下り2時間強)

焼岳は活火山で、北峯頂上は2399m。南峯(2455m)は立ち入り禁止。
北アルプスの南端にあたります。

『日本百名山』の著者・深田久弥さんの評:「焼岳は微妙な色彩のニュアンスを持っている。濃緑の樹林と、鮮やかな緑の笹原と、茶褐色の泥流の押出しと、─そういう色が混りあって美しいモザイクをなしている。しかも四季の推移によって、そのモザイクも一様ではない。ある秋の晴れた日、焼岳はまるで五色の着物を着たようにみごとだった。」


mini_140908_1001.jpg 上高地側(大正池)から見た焼岳です。
 私はもちろん見ただけ^^b




上高地2014 ① 概略
上高地2014 ② 中の湯
上高地2014 ③ ウォーキング1日目
上高地2014 ④ ウォーキング2日目
上高地2014 ⑤ 生きもの


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する