* AtelierUNな毎日 *

 >  暮らし >  究極のお土産

究極のお土産

究極のお土産ってはてさてなんでしょう??

昨年11月29日に観光庁主催で行われた「世界にも通用する究極のお土産フォーラム」で決まったのだそうですが、TVとかの報道はマッタク気づきませんでした。
観光庁監修で本にまとまっているのを発見!

究極のお土産

日本には、まだ知られていない、こんな「美味しい」ものがある! 日本各地に潜む魅力的なお土産を全国に伝えよう――観光庁の呼びかけで始まった「究極のお土産」プロジェクト。生産者が応募した747品から“プロの目利き”が選んだ9品とは? 1次審査を通過した124全品を、三越伊勢丹ほか有名百貨店バイヤーのコメント付きで徹底紹介。喜ばれること間違いなしのお土産が見つかります!

【究極のお土産に選定された9品】
・「塩麹と酒粕の北海道二段仕込み」         くまだ株式会社(北海道)
・「秋田しょっつる十年熟仙」            諸井醸造(秋田県)
・「T五」                     薄氷本舗五郎丸屋(富山県)
・「鮎のリエット・白熟クリーム」          株式会社泉屋物産店(岐阜県)
・「若狭の甘鯛千枚」                小浜海産物株式会社(福井県)
・「湖のくに生チーズケーキ」            社会福祉法人あゆみ福祉会(滋賀県)
・「郷愁の柿」                   石井物産株式会社(奈良県)
・「オイル・ルージュ」 「オイル・ポニーフィッシュ」 ふるさと萩食品協同組合(山口県)
・「なると金時 おいもさん鳴門っ娘」        有限会社 鳳月坊(徳島県)

10人の方の票で9品。ということは2票入ったものがあるということで・・・・・・・・・・

じゃじゃーん!
「秋田しょっつる十年熟仙」 でした!
そのうち取り寄せてみよう♪

奈良の「郷愁の柿」・・・知らなかったなぁヾ(・・ )ォィォィ
柿系のお菓子、最近熱心にいろいろ作っているのは気づいていましたが、究極のお土産に選ばれるほどのものができていたんですね。

全124品、どれも美味しそう~♪♪

お味もなのでしょうけれど(←食べてないからわからない(笑))、商品の形状もパッケージもそれぞれ洗練されていてステキ!
こういうものがこれから薦められるお土産なのでしょうね。

有名なお土産が美味しいとも限らないわけで
でも、有名なお土産はネームバリューだけで納得させるものがあるのですよね。
その代わりが観光庁のお墨付きなのかな。
しばらくはこの本付きでさしあげないといけないかも。
ま、そのうち定着するのでせう。

で、この「世界にも通用する究極のお土産フォーラム」、まさか毎年するの?
値打ち下がりませんか?

関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する